'07モナコGP 予選  F1

マクラーレンの2台、アロンソとハミルトンのトップ争いとなった今回の予選。そんなマクラーレンの2人に対して実況の西岡さんが、同一チーム内でのライバル関係と言う意味で「まるであの2人の争いを思い出すような」とか「かつてのあの2人を見ているような」と言っていましたが、セナとプロストのことですよね。何でちゃんと名前を言わないのでしょうか。気になったのはボクだけじゃないはず。

それはさておき、久しぶりに面白い予選でした。残念ながらスーパーアグリの2台はQ1(予選第1ピリオド)を突破することは出来ませんでしたが、逆にホンダの2台が今年初のQ3進出となりました。バトンのそれは棚ボタでしたけどね。予選アタック中にクルサード(レッドブル)が後ろの車(ルノーのコバライネン)をブロックしたとみなされ、タイムが抹消されてしまったのです。モナコでは仕方ないことのような気もしますが、コバライネンサイドが訴えたのでしょうか。おかげでバトンにとっては嬉しい誤算でしたね。

今年、今のところ全戦ポール・ポジションを獲得しているフェラーリですが、今回はマクラーレンの速さの前に影を潜めてしまった感じです。それでもマッサは3位だったのですが、ライコネンは16位。軽く壁にぶつかってしまってマシンを壊してしまいました。去年シューマッハが疑惑を残したラスカス・コーナーで、似たような止まり方をした時はちょっと不穏な空気が流れましたよね。
去年のシューマッハは最後尾スタートから5位入賞を果たしました。ライコネンの走りに期待しましょう。

予選結果
 1. F.アロンソ 1'15.726 (マクラーレン・メルセデス)
 2. L.ハミルトン 1'15.905 (マクラーレン・メルセデス)
 3. F.マッサ 1'15.967 (フェラーリ)

'07スペインGP 決勝  F1

すでに第5戦モナコGPの予選が終了していますが、前節スペインGPの感想をアップしておきたいと思います。

とはいえこのグランプリの話題はスーパーアグリの初ポイント獲得に尽きますね。昨年はビリ争いをしていたチームが、2年目でポイント獲得ですから。もちろんトップチームのミスのおかげとも言えますが、それがレースですからね。実力じゃないじゃんなどと穿った見方をする人もいるようですが、例えばサッカーで相手のキーパーのミスで入った得点をあなたは喜ばないのですか? 佐藤琢磨の快挙を讃えてあげようじゃありませんか。

とはいえ実際ボクもレース観戦中は、コレでポイント獲得しても、ルノーのミスによるものだよなぁなどと思っていましたよ。でも、レース後の琢磨のあのはしゃぎっぷりを見て下さいよ。ダウンタウンの浜ちゃんにいじられながらもうれし泣きを押さえられなそうな目もとの亜久里さんを見てご覧なさいよ。気がついたらボクももらい泣きしていました。
たった1ポイントですが、大いなる歴史の最初の1歩ですからね。コレからも応援していきます。

さて、そんなセカンドチームの頑張りを見て、バトンとバリチェロを有するホンダは今期どこまで頑張ってくれるのでしょうか。


優勝はフェラーリのマッサ。2位はマクラーレンのハミルトン。コレによってハミルトンはチャンピオンシップ争いで単独トップになりました。新人とは思えない好成績で、F1界に新たな風を運んできてくれそうですね。黒人だからって、F1界のタイガー・ウッズって言うのはどうかと思うのですけどね。

ガンズの振り替え公演が決定  音楽

メンバーの怪我によって延期になっていたGuns N' Rosesの来日公演の振り替え日時が決定しました。すでに1週間以上前に発表になっていた話題なのですが、やっぱり延期じゃんってところまで報告していた当ブログなので、遅ればせながら 事の顛末まで見届けたいと思います(笑) BARKSによると
ファンの間では「もしかして、このまま公演中止か?」といった噂まで飛び交い始めていたガンズ・アンド・ローゼズの来日公演だが、このたびめでたく振替え公演の日程が決定した。
新たなジャパン・ツアーの日程は下記の通り(カッコ内は旧日程)。

7月14日(土)幕張メッセ(4月14日公演分)
7月15日(日)幕張メッセ(4月15日公演分)
7月17日(火)名古屋・日本ガイシホール(旧称レインボーホール:4月18日公演分)
7月21日(土)インテックス大阪(4月21、22日公演分)

残念ながら当初2日間予定されていた大阪公演は1日のみとなり、ともに7月21日の公演に振り替えられることになる。
大阪公演が1日になったのはチケットの売れ行きによるものなのでしょうか? チケットの払い戻しなどは特設サイトから出来るようです。

Welcome to the Videos
Welcome to the Videos
posted with amazlet on 07.05.26
(2003/10/28)
売り上げランキング: 9821

押忍!闘え!応援団2 その2  ゲーム

前作よりも簡単じゃんと思っていたら「激烈に応援」の♪VISTA でつまずきました。だがそこがいい! このやり応えが堪らないわけです。ちなみに「果敢に応援」までは一度も×をもらってませんよ〜。

燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2
任天堂 (2007/05/17)
売り上げランキング: 7

さて今回のエントリではちょっとネタバレを含みます。大したネタバレでは無いのですが、少しでも気になる人はゲームをプレイしてから読んで下さい。

前作は175Rの曲だけは本人が歌っていました。一方、今作では全て違う人が歌っています。本人に出演して貰うことによってギャラが発生し、ソフトの値段が上がるのだとしたら、今回の決定はナイス判断ですね。
だって、本人が歌わなくてもゲームの面白さは微塵も損なわれないのですから。むしろ違う人が似せて歌ってるほうが面白いとさえ感じますしね。
ファミコンバンドのレポート漫画でしなっちも、「バカなことを大真面目にやるってカッコいい!!」みたいなことを言っていますが、まさにその通りだと思います。

ほとんどの曲が原曲に似たボーカルで楽しませてくれているのに対して、SMAPの♪BANG!BANG!バカンス! だけは女性ボーカルバージョンです。なぜでしょうね。中居君パートを似せるのが難しくて、だったら女性ボーカルにアレンジしちゃおうってことだったのでしょうか(笑) 失礼!言い過ぎました。
でも女性ボーカルになったことで「バカンバカンバカ〜ン」がなまめかしくて凄くいい感じです(笑)

前作との違いとしてもう1点、イントロをスキップ出来るようになった点も良いですね。前作のラスト、L'Arc〜en〜Cielの♪READY STEADY GO はやたらイントロが長かったのが気になりましたもの。しかもラストの曲なので難しくて何度も何度も挑戦するのですが、その度になが〜いイントロを聞かねばならず、辟易した覚えがあります。

最後にちょっとだけアドバイスです。後半の曲になるとアホかと思うくらい難しくなります。その時はイヤフォンもしくはヘッドフォンをしてみて下さい。なんだそんなことかとお思いでしょうが、コレだけで随分やり易くなるはずです。ハットで刻む裏のリズムが聞きやすくなります。そして意外とローの気持ちいい音源になっていることにも気付くはずです。
そして体でリズムをとることが実は超重要です。うまくなるだけでなく、数倍楽しくなります。恥ずかしがらずに、ノリノリで応援しろ! 押忍!

プロポーズ大作戦  TV・映画

現在フジテレビのいわゆる月9枠で放送中のドラマ「プロポーズ大作戦」が面白いです。この作品のテーマは「大好きな人が他の誰かと結婚してしまうとしたら、あなたはどうしますか?」というもの。
しかしただのラブストーリーだと思ったら大間違い。主人公は幼なじみの女の子が好きでした。でも、幼なじみであるがために素直になれなかった高校・大学時代。自分の腑甲斐なさに気付いた時には既に彼女は違う男性と結婚しようとしている、まさに結婚式の最中。そのとき主人公の前に式場の妖精が現れ、過去をやり直させてくれると言うのです。とはいえ自由に行き来出来るわけでもなく、制限された時間の中で果たして何が出来、どれだけ幼なじみとの距離を縮めることが出来るのだろうか。簡単に言うとこんな感じのストーリーです。

タイムスリップもので有名な作品と言うと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などが有名ですが、あれは過去に戻ったとしたら過去にはその時代の自分がいます。「プロポーズ大作戦」では、過去の自分そのものに戻ることが出来るのです。あれこれ根回しをすること無く、やり直したいようにやればいいだけなのですけど…。

特に昨夜放送された第6話はヤバかったですねぇ。頑張れば頑張るほどすれ違う2人。詳しくは公式サイトを見てもらって、気になったら是非次回からでも見てもらいたいですね。

式場の妖精である三上博史が物語のナビゲーターとして登場するのも注目すべき点ですね。彼が出てくることによってただの甘酸っぱいジュブナイル小説的な作品ではなく、SFモノとしても楽しむことが出来ています。

昨年話題になったアニメ映画「時をかける少女」に通じるものがあるんじゃないでしょうか。ま、見てないんですけどね(笑)

押忍!闘え!応援団2  ゲーム

これまでのDSのゲームの中で、続編を望んでいたものが2つあります。1つは「超操縦メカMG」。そしてもう1つが「押忍!闘え!応援団」です。その応援団シリーズの第2弾がついに発売になりました。

燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2
任天堂 (2007/05/17)
売り上げランキング: 1

今作の正式タイトルは「燃えろ!熱血リズム魂」で、サブタイトルが「押忍! 闘え! 応援団2」となっているようですが、前作からのファンとしては敢えて今作を「押忍! 闘え! 応援団2」と呼ばせてもらいます。って、誰かがブログか何かで書いてた気がするけど、どこで見たんだっけ?(笑) でも、ボクも右に同じ気持ちです。

大まかなストーリーもあるのですが、やはりリズムゲーム部分の面白さがハンパじゃないです。
タッチペンを使って指定された場所を曲に合わせてタッチしたりこすったりするのですが、応援団風のアレンジをしたところがこの作品の特徴ですね。

とりあえずイージーモードである「気軽に応援」をクリアしてストーリーを追ったら、後はノーマルモード「果敢に応援」、ハードモード「激烈に応援」・・・と挑戦していくのみ! ここからが本作の醍醐味です。
このゲームの面白いところは、曲ごとに難易度が設定されているわけではないというところです。つまり、同じ曲がどの難易度でも遊べるのです。同じ曲なのに拍の取り方を変えただけでこんなにも難しく、そしてこんなにも面白くなるものなのかと思わされることでしょう。
ドラムに合わせて拍を取っていたと思ったらBメロからはボーカルを追うのか!とかね。分かるかなぁ?
こういうのって、リズム隊でありながら弦楽器であるベースをプレイしてるボクなんかは得意なのかも知れません。

とりあえず「気軽に応援」は一度も×をもらわずにクリア。現在「果敢に応援」に挑戦中ですが、14曲目(ボーナスステージ含む)まではとりあえず1回も×すらもらってませんぜ。あなたはどうですか?

DSステーションで体験版もダウンロード出来るので、DSを持っているけどこのシリーズをやったことないって人は一度触ってみたら人生変わるかもよ。




AutoPage最新お知らせ