Package Bomb!!の1stフルアルバム  音楽

Package Bomb!!の1stフルアルバムの詳細がPackage Bomb!! webにて更新されています。すでにいくつかの販売サイトで予約出来るようにもなっています。

What it makes
What it makes
posted with amazlet on 07.03.28
Package Bomb!!
CARBURETOR records (2007/04/25)
売り上げランキング: 84523

2007年4月25日発売です。気がついたら前回のミニアルバムから1年半も経ってしまっていたのですね。メンバーチェンジをしてからのボクらがどう変わったのか、はたまたそれほど変わっていないのか、自分たちではあまり意識したことも無いのですが、かなり満足のいく楽曲が揃ったことだけは確かです。
audioleafindiesmusic.comで試聴出来るので、チェックしてみて下さい。audioleafの方はメンバー登録が必要ですが、アルバムから3曲が丸々試聴出来ます。

次のライブは4/1(日)の宇都宮HARD ROCK HOUSEです。発売前のアルバムからの曲を多数披露出来ると思いますので,是非観に来て下さいね。

レッチリの振り替え公演が決定  音楽

Red Hot Cili Peppersの日本公演が延期になったことは先日お伝えした通りですが,意外と早くに振り替え公演が行われることになりました。bounce.comによると
3月22日・23日の東京ドーム公演はそれぞれ6月5日・6日に、3月19日の京セラドーム大阪公演は6月8日にそれぞれ変更となる。手持ちのチケットは、各指定日に限りそのまま振り替え可能。またチケットの払い戻しは、3月28日から4月13日までの間のみ、購入元のプレイガイドにて受け付ける。

〈RED HOT CHILI PEPPERS 来日公演振り替え日程〉
3月22日(木)東京ドーム → 6月5日(火)東京ドーム
3月23日(金)東京ドーム → 6月6日(水)東京ドーム
3月19日(月)京セラドーム大阪→6月8日(金)京セラドーム大阪
ワールドツアーの一環としての日本公演だと思われるので,ツアー自体は意外とすぐに再開されるということでしょうか。アンソニーの病気が大したことなかったようで何よりです。
チケットをお持ちの方はスマッシュのサイトで振り替え公演の詳細を確認してみて下さい。

ホワッツ・ヒッツ!?(3ヶ月期間限定)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
東芝EMI (2006/03/08)
売り上げランキング: 10326

面白い迷惑メール  

毎日100件ほどの迷惑メールが来るわけですが、大体は出会い系のスパムメールです。タイトルだけ見てすべて捨てているわけですが、今日のメールは面白い見出しだったのでちょっと読んでみました。「注文5件以上 財布5つ無料進呈」と書かれたそのメール、あまりに面白かったので全文載せます。明らかに自動翻訳された文章ですけれど。
こんにちは
詳しくはこちら http://www.9901.cc
いらっしゃいませ、新店がオープンです。
いろいろな 種類の商品が あります。価格が安いし、特恵は多いです。
ホームページが速いです。ブラウズすることを歓迎します!
ホームページの全部商品の送料が無料します.
注文3件以上 財布2つ無料進呈
注文5件以上 財布5つ無料進呈、
注文10件以上 財布11つ無料進呈、
注文50件以上の方には財布を55つ無料進呈します。
当店の特色:
メールが返答するのは速いです (1時間)
入金は速いことを確認します(当日)
スピードを発送するのは速いです (翌日)
スピードに到着するのは速いです (4日)
全部商品が保証安全な到着です
商品の問題があるならば、再度に発送することができます.満足しないは お金を返します!
以上、いろいろお世話になっております。
問合わせのがあります、メールの連絡を頼みます.
財布ばっかりそんなにいらねーだろ(笑) 気になったので何のサイトか見てみると、ヴィトンやエルメスなどのブランドバッグや財布を激安で売っているサイトでした。うわぁ、色々と怪しいよぉ。

レッチリの日本公演が延期  音楽

明日から日本公演が始まる予定だったレッチリことRed Hot Cili Peppersですが、公演延期が発表されました。BARKSによると
3/19(月)京セラドーム大阪、3/22(木)23(金)東京ドームで予定されていたレッド・ホット・チリ・ペッパーズ日本公演が延期されることが発表された。理由はヴォーカルのアンソニー・キーディスが気管支肺炎を患ったため。

招聘元のスマッシュによると、延期日程は現在調整中、今秋になりそう、とのことだ。
病気では仕方がないけれど、前日に延期が発表になるというのは、観に行くつもりだったファンにとっては辛いお知らせですね。今頃一番辛い思いをしているのはスマッシュやレッチリのスタッフでしょうけれど。

何はともあれ、一日も早い回復を祈っています。

ステイディアム・アーケイディアム
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ワーナーミュージックジャパン ('06/05/10)
売り上げランキング: 422

'07オーストラリアGP決勝  F1

今年もいくつかレギュレーションの変更がありました。エンジンの回転数は19,000回転までに制限されていたり、決勝では必ず2種類のタイヤを使わなければいけなかったりします。とはいえ、開幕戦を見る限りではあまりそれらの影響を感じる事は出来ませんでした。タイヤの使用に関してはチームごとに作戦の違いがあるだろうから、見ていても分かるのかなと思っていましたが、結果に繋がる作戦の妙は見られませんでした。コースにもよっては顕著に作戦の違いが出る事もあると思われるので、それについては今後の見所と言えます。

さて、決勝レースが終わってみれば優勝がライコネン(フェラーリ)、2位がアロンソ(マクラーレン)でした。スタート時の順位をそのまま守り通した形ですね。まあ、予想通りと言うか、特に波乱もなく開幕戦が終わった感じです。

むしろ3位のルイス・ハミルトン(マクラーレン)は快挙と言えるでしょう。F1デビュー戦で表彰台に上ったのですから。もちろんチームに恵まれたとは言え、逆にそれはプレッシャーにもなっていたはずです。よく頑張ったと言いたいですね。

そして10位スタートの琢磨(スーパーアグリ)は12位完走。ポイントゲット(8位入賞)は成らず、順位も落としてしまいましたが、特別悪い結果でもありませんよね。スーパーアグリにとってトロロッソやスパイカーが去年のライバルだったわけですが、今年はそれらのチームを一気に引き離しにかかりましたね。当分のライバルはレッドブル、ホンダ、トヨタ辺りでしょうか。トヨタはもうちょっと上のレベルかとも思いましたが、むしろフェラーリ、マクラーレン、ルノーが速すぎです。その3チームを食って表彰台に上がるとしたらBMWザウバーかトヨタだと思われるので、2007年の前半でその2チームがどれくらいマシンを速く出来るのか楽しみですね。
ホンダはとにかくもっと頑張ってもらいたいものです。スーパーアグリといい勝負をしているようではダメなんじゃないの?

'07オーストラリアGP予選  F1

いつになく各チームのカラーリングが新鮮ですね。タバコ・メーカーがすべて撤退した事により、フェラーリやルノーやホンダは大幅に印象が変わりました。ホンダのマシンカラーはニュースにもなったので知っている人も少なくないでしょう。え?フェラーリはどうせ赤だろって? 確かにそうなのですが、マールボロのマークのないフェラーリは、さながらスクーデリア・イタリアのようでして。

そして予選ですが、スーパーアグリが快挙を成し遂げました! 初のQ2進出です。予選はQ1からQ3まであり、Q1とQ2でそれぞれ下位6台ずつが落とされるという方式です。去年のスーパーアグリは、1度もQ2に進む事が出来ませんでした。参戦1年目のスーパーアグリにとってはとりあえず予選でのQ2進出が目標だった事は言うまでもありません。それを、今年は開幕戦からやってのけてしまいました! しかも2台とも。そして・・・

琢磨に至ってはQ3まで進んでしまいましたヽ( ‘∀‘)ノ 結局10位で確定。明日の決勝は10番手スタートという事です。一方ホンダは2台ともQ3には進めず終い。ホンダにとってはセカンドチームの方が好成績を修めてしまったわけで、嬉しいやら悲しいやらですね。
何はともあれ、決勝が楽しなのは言うまでもありません。

ポール・ポジションはフェラーリのライコネン。2番手をマクラーレンのアロンソが獲得し、先日ボクが挙げた注目ドライバー2人が最前列からのスタートという形になりました。
決勝は日曜の昼から。って、もう終わってるじゃん。結果も経過も気になるので、録画したビデオを今から見ます。

Not Fooling Anyone  音楽

健クンの新譜を買いました。4曲入りのシングルですが、健クンのすべてが詰まっていると言っても過言ではないでしょう。

Not Fooling Anyone
Not Fooling Anyone
posted with amazlet on 07.03.17
横山健
ピザ・オブ・デス・レコーズ(2007/02/21)
売り上げランキング: 740

1曲目の「Pressure」はSnuffのDuncanと健クンが共作した曲だそうです。DuncanのソロプロジェクトBilly No Matesのアルバムにも収録されている曲を、KenBandでカバーしたとのこと。Billy No Matesバージョンは聴いた事がないので、アルバムを持ってる人は感想を聞かせて下さいな。

2曲目の「A Nicky」はとにかく楽しい曲で、健クンを含めKenBandのメンバーが楽しんで作った様子が目に浮かびます。
つづく3曲目の「Not Fooling Anyone」がとにかくヤバい。イントロはBad Religionっぽい硬派な感じで始まり、サビになると一気にメロの素晴らしさが前面に出てきます。ハイスタからの健クンのファンには堪らない曲なんじゃないかな。
そして4曲目はカバー曲です。ハイスタの時からそうなのですが、カバー曲の選曲が凄くセンスありますね。今回は「Raindrops Keep Falling on My Head(邦題:雨にぬれても)」です。フジフイルム「PHOTO IS」や、日本生命「生きるチカラ 夕立編」などのCMでもおなじみの曲ですね。
オリジナルはYouTubeで聴くことが出来ます。
原曲の雰囲気を壊す事なく、しかしバンドらしくロックにアレンジしています。この曲の為だけにこのCDを買っても損はしないと思いますが、言い過ぎですか?(笑) ファンは盲目になりがちですので、その辺はご勘弁を。

そんな健クンですが、来週の「ROCK FUJIYAMA」に出演する様です。bounce.comによると、地上波の番組に出演するのはこれが初めてだとか。メディアの露出を避けて来たと思われる健クンも、この番組なら認めたって事でしょうか。佐野史郎がギター弾いたり、高嶋政宏がキングクリムゾンへの熱い想いを語ったりする番組なんて、他にありませんからね。ボクも毎週楽しく見させてもらっていますよ。
実は健クンはMEGADETHのファンで、マーティに会いたかっただけだったりして(笑)

F1サーカス2007 開幕  F1

今年のF1がついに開幕しました。初戦はオーストラリア。レースごとの感想をアップ出来るかどうかは分かりませんが、今年もF1にちょっとずつ触れていこうと思います。

開幕前にあーだこーだ言っても始まらないのですが、漠然と観戦するよりは目的を持って観戦した方が面白いものです。注目するドライバー、気になるチーム、コースレイアウトを気にしてみるのもいいかも知れません(笑)

そんなわけでボクが注目するドライバーは、ルノーからマクラーレンに移籍した王者アロンソ。そしてそのマクラーレンを見限ってフェラーリに移籍したライコネン。この2人ですね。え?みんなもそうだって?(笑)
最速の男と言われながら安定性に欠け、チャンピオンを逃して来たライコネン。年間通して勝ち続けられないのはライコネンが原因なのか、マクラーレンというチームの問題なのか。開幕前のテストを見ているとフェラーリは速そうなので、このチームでチャンピオンになれないようならライコネンは引退しかありませんね。本人もそのつもりらしいですし。

そして日本勢については、オフシーズンのテストを見る限りではスーパーアグリ以外はパッとしません。トヨタもホンダも今ひとつ安定した速さが見られず、かといって予選などでの一発の速さもまだ無さそうです。
スーパーアグリに関してはまだまだ上位争いを出来るチームではないのでしょうが、昨年の開幕前には数時間しかテストを行えていない状況でしたしね。昨年は参加する事に意義があると言う一点だけでのメディアの好評価を得ましたが、今年はレースをしてほしいですね。




AutoPage最新お知らせ