キャプスト、母校で凱旋ライブ  音楽

宇都宮大学の学祭でのキャプテンストライダム凱旋ライブに行ってきました。彼らのライブを見るのは1年以上ぶりです。というか、会うのも久々でした。リハーサル前の3人にも会えたのですが、大物なオーラが出ているわけでもなく、安心しました(笑) 緊張していたのかな? そういえば、あの時にいたもう1人の方がサポートメンバーの光太郎さんだったのでしょうか。

夜になり、会場となる体育館へ行ってみると「おかえりなさい キャプテンストライダム」の文字が。何とも手作り感たっぷりで、学生時代を一緒に過ごした仲間としてもとても嬉しくなってしまいました。

メンバーがステージに現れ 各々が適当に弾き始めた音が次第に絡み合い、ジャムセッションな感じでライブが始まりました。そして1曲目の「肉屋の娘」、2曲目の「犬の生活」と、なんだかとても懐かしいスタートでした。なんかいつもと違うライブになるのかな?と思っていたら、つづいて「ヒストリー オブ 宇都宮」と題した宇都宮時代の曲のメドレーを披露してくれました。メドレーに組み込まれてた曲の中で「舟」や「夜明けのブギー」はともかく、「思い出のマリンハウス」を知っていたのはあの会場で10人くらいじゃないのかな(笑) ボクを含め、当時同じサークルにいた仲間にとっては何とも嬉しい選曲でした。初代ドラマーのヨッちゃんがいた時の名曲です。 初めてあの曲を聴いた時は、「やられたぁ!」と思ったのを今でも覚えています。サビのラストで歌とドラムがユニゾンするところが何ともツボでした。昭和歌謡ですね。
そういえば会場にヨッちゃんはいたのかな? 野村義男じゃないよ。

ライブでは「恋するフレミング」はもちろんのこと、まだ音源化されていない新曲も聴けました。「恋するフレミング」はAC/DCにインスパイヤされたような曲でしたが、その新曲もハードロックっぽい曲でした。永友さんの中でブームなのでしょうか?

約1時間半のライブはアンコールのラスト「マウンテン・ア・ゴーゴー」で終了。もちろん「ツー」ではありません。どうせなら古いアレンジで聴きたかったな(笑)
最後にサポートの光太郎さんを含め4人で手をつなぎ客席におォ儀。一緒に行った友人は「ミュージシャンのコンサートみたい」と言って笑っていました。だってミュージシャンだし(笑)

わりとMCの時間を長く取ったユルいライブでしたが、宇都宮だから許されるでしょう。「サイボーグ」や「キミトベ」など聴きたい曲が他にもたくさんありましたが、梅ちゃんや守代司の色んな意味でキワドい喋りも堪能出来たし、大満足のライブでした。客席はわりとおとなしい感じでしたが、みんな楽しんでいたみたいです。

メンバーは次の日は朝から鹿児島に行くということで、ライブ後に会うことは出来ませんでした。
最近の活躍ぶりを見ていてちょっぴり遠くに行ってしまったような印象を感じていましたが、今回のライブでは対バンしていた頃を思い出し、懐かしくて楽しくて、何とも言えず素晴らしいひとときを過ごせました。

恋するフレミング
恋するフレミング
posted with amazlet on 06.11.27
キャプテンストライダム
SME (2006/10/18)
売り上げランキング: 184262

ちなみに前日にヨッちゃんも同じ学祭に出ていました。いや、野村義男じゃなくてね。
こちらも素晴らしいライブでしたよ。

またしても静岡へ  モブログ

友人の結婚式のためにまたしても帰省することになりました。
わけあってマイカーで帰省中なんですが、今のマイカーは軽自動車なので長距離ドライブはかなり疲れるんですよね。無駄にエンジンがうるさいし、風の音で音楽が聞こえないし。

そんなわけで、とりあえず上野までは高速を使わずにゆっくり帰ることにしました。BGMはcreamstock。今月の22日に発売になるミニアルバムを一足お先に聴かせていただいてます。サンプルをもらったもので。
色んな所にフックがある楽曲ばかりで、聴いていて飽きません。そさてとにかく音がいいです。特にドラムの音がボク好みです。1曲目の始まりのバスドラとタムとスネアがもう堪りません。

さて、さっきやっと首都高を抜けて神奈川に入りました。中井SAで猫を激写!
クリックすると元のサイズで表示します

道路工事現場に見る警備員の質の低下  

愚痴エントリです。

ボクの住む宇都宮市では、最近は道路工事が流行っています。昼も夜も色んな所で工事が行われている為に、30分で帰って来れるはずの買い物に1時間以上かかることもしょっちゅうなのです。決算前の道路工事にしては時期的に早いですし、大幅な都市改造でも行われているのでしょうか。

そんな道路工事自体にもイライラするのですが、工事現場にいる警備員にもイライラさせられます。数年前に比べて警備員の質が落ちているように感じるのはボクだけでしょうか。例えば赤い棒の振り方に一貫性が無く、進んでいいのか悪いのか分からない場合があります。酷い時にはヨソ見をしていて、こちら(工事現場に向かう車)を見ていません。

ボクが小さかった頃は、やり過ぎなくらいカッコ良く赤い棒を振る警備員もいた気がするのですが、最近はそういう警備員は見かけなくなりました。自分が車に乗るようになったから彼らを見る目も変わったのかも知れませんが、それにしてもココ1〜2年の警備員の質の低下は酷いぞ! そんな警備員に喝ッ!

DAY AFTER TOMORROW  ガンダム

一般的にDAY AFTER TOMORROWと言ったら、人類存亡の危機となる天変地異をテーマにした映画のことか、倖田來未の妹misonoがボーカルのグループのことを言うのでしょうね。でもガノタにとってはコレのことを言います。


月刊ガンダムエースで連載中の漫画なのですが、近年のガンダム漫画の中でも秀逸な一作です。ファーストからゼータの頃の宇宙世紀の外伝な話で、ファーストの登場人物の1人であるカイ・シデンが主人公の漫画です。
カイは一年戦争のあとに大学進学を経てジャーナリストになります。そしてZガンダムではフリーのジャーナリストとしてジャブローの基地に潜入し、そこで捕まってしまいます。カミーユ・ビダンに助けられるまでレコア・ロンドと同じ部屋に閉じ込められているわけですが、そこでレコアとカイは何を話していたのか。
また、フラウ・ボウと暮していたカツ・コバヤシがアムロ・レイと共にフラウの元を離れたあとのフラウはどのように暮していたのか。
それらのことがカイの視点を通して綴られていきます。

そしてこの漫画には基本的にMS(モビルスーツ)は出てきません。たまにゲスト的に出てくるMSがゾゴックだったりするあたりも、マニアには堪らないのではないでしょうか。

この物語を楽しむには宇宙世紀の大まかな流れを知っていることが前提となりますが、ファースト・ゼータ・逆シャアあたりを少しでも見たことがある人ならば是非読んでみて下さい。ガンダム外伝的な漫画は数あれど、内容も絵もココまでのクオリティのものはなかなかありませんよ。

ことぶき先生の描く女の子が魅力的なのは「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!」で実証済みですしね。レコアやベルトーチカはもちろん、フラウまでもかわいく描かれていますよ。

恋愛成績表と漫画検定  

hash氏に促されるままに恋愛成績表とやらをやってみました。結果? 散々なものでしたよorz
恋愛レベル
「合コン呼ばれない級」 (18段階中 15位)

・総評
全体としてやや残念な成績でした。ただし、彼女ができたとして、その人の着眼点によってはtakaoさんは高く評価されることもあるはずです。がっかりする必要はありません。 また、「考える力」が最高値を示したものの、それもごく並かそれ以下の成績であり、まだまだ磨く余地があります。向上心すらもあまりないように見受けられ、未来にも暗いものが感じられます。まずは意識改革が必要でしょう。
ボクのまわりでは合コンをやってる友達が少ないのだとばかり思っていましたが、呼ばれてなかっただけなんですね(´・ω・`)ショボーン

さて、気を取り直していきましょう。
漫画家であるみずしな孝之氏の「しな日記」によると、今日は「まんがの日」なのだそうだ。業界初の「漫画検定」とやらの初級をやってみました。結果はみずしな氏と同じく25問中22問正解で、初級合格でした。

記念にこんな賞状をいただいちゃいました。賞状をもらったのなんていつ以来のことでしょうか。画像データの賞状ですが、悪い気はしませんね。

漫画検定について興味がある方は、詳しくはこちらを見て下さい。
初級合格したボクは、12月に行われる中級の受験資格を得たようです。次はもう少し骨のある問題が期待出来るかな?


胃痛に悩まされた日  音楽

Package Bomb!!での静岡、横浜への遠征を終えて昨日帰ってきました。が、遠征中毎日ビールばかり飲みまくった為に胃をやられてしまいました。胃薬を飲んで、食事はスープだけにしていたおかげで今日にはなんとか治ったようです。そう思いたいです。

さて、静岡でのライブに呼んでくれたNoStraightのタツヤくんどうもありがとうございました。横浜でのライブは突然のことながらブッキングしてくれたライブハウスBAYSISのミツイさん、ParkingOutのショータさんどうもありがとうございました。

静岡はボクの地元な為に、遠征ではありながらとても落ち着いて演奏することが出来ました。地方都市の特徴だと思うのですが、ジャンルにとらわれないイベントは個人的には大好きです。ポップなバンドやヘビィなバンドが集まって、それでも楽しいイベントっていうのはボクの理想ですね。
遊びに来てくれた地元の友人にも感謝です。次の日の宴も楽しかったね。

横浜ではSTRIPE EFFECTレコ発ツアー・セミファイナルというめでたい日に一緒にやらせていただきました。どのバンドも凄くレベルの高いライブだったように思います。色んな意味でモチベーションが上がったのですが、おかげで(?)呑み過ぎてしまいました(笑)
この日は個人的には大阪のDOUBLE STEALのライブがサイコーでした。関西人のべしゃりはずるいですね(笑) それに加えて演奏力もあり、観ていて飽きないライブでした。下手(しもて)のギターさんの顔で弾くギターソロは必見です。

さてPackage Bomb!!の今後の予定ですが、11月は1本しかライブがありません。が、今回の遠征で上がったモチベーションを落とさないような良いライブをしたいと思っています。11/11(土)の渋谷GIG-ANTICでのライブは茨城県民ならばドリンク代だけで入場出来るようです。よろしかったら遊びに来て下さいませ〜。




AutoPage最新お知らせ