2019/7/18  19:16 | 投稿者: レイ






復活の感覚を相手側から見てみたかったので、逆視点にしてみました。

この試合は開幕にリードを取れたのが大きかったのと、二枚看板の強さとUC甄氏の便利さが少し出たと思います。

最後、R顔良が刺さって展開が色々と変わりましたが、栄光の旋律を撃つ時点で士気10と再起が残っていたので、何を撃たれても大丈夫だったかなと思います。


で、復活+15秒すると約19カウント戻って来ないので、相手が再起だとしても、気持ち早めに仕掛けて良さそうですね。

そしてやはり完殺の計は武力-4が偉大です。

これまでは

「完殺を2度掛けされても武力-6なので大攻勢(+号令)で押します」

のような展開もあったのですが、2度掛けで武力-8を出せると、相手は再起を選びたくなります。


このデッキは動画のような感で戦いつつ、どこかで完殺2度掛け+30秒をやりたいのです(笑)








タグ: 三国志大戦




AutoPage最新お知らせ