2017/10/17  21:47 | 投稿者: レイ







士気12溜めた所でラインを上げられないですし、無理やり上げたとしても法具連環で止められたり守刀防御で飛ばされます。

ということで漢鳴を使いつつ、何とか士気差を作って栄光チャンスを狙いたい戦法。


85カウントで曹操を使ったのは相手部隊に居座られたくなかったのと、兵力を減らせれば柵を小突けると思ったからです。

58カウントでR孫堅の神速行を使った後、ミスらず突撃できたのが相当大きかったです。

1回突撃をミスっていたらEX孫権まで倒せず、連環も使われていなかったと思います。

連環を使われた後は早めに逃げて、再起じゃありませんよ感を出します(笑)

終盤は麻痺矢全滅からの再起カウンター。

ラスト麻痺矢の士気が溜まる前にラインを上げて栄光号令。

栄光号令は士気12から撃つと、丁度士気7溜まると同時に切れるので分かりやすいです。


この試合は色々と噛み合ったので勝てましたが、麻痺矢は基本的に厳しいです。









タグ: 三国志大戦




AutoPage最新お知らせ