2015/9/12  23:45 | 投稿者: レイ


相変わらず色んなデッキを使っていますが、デッキを考える時は1枚のカードから考えます。

戦国NETのデータリストや上がった動画、頂上・傾奇者対決を見て「そういえばこんな武将もいたな」というのをピックアウトして、そのカードからデッキを考えます。


1.面白そうなカードを探す or 発見する or 思い出す or 入手する
2.そのカードと相性の良いカードを探す
3.兵種や計略のバランスを考えて9コス埋める
4.実戦へ
5.実戦の結果、ボツだったりパーツを変えたり


という流れでデッキを考えています。

そうしてデッキを考えた結果、既にほぼ同じ構成で動画を上げている人がいたとか、実は知らぬ間に流行っていたような場合には普通に使います。

が、どこかで見たデッキをそっくりそのまま使う事はほぼありません。

しかし、そのバージョンで強いテンプレデッキを使いたくないとか、流行っているカードを使いたくない、というわけではありません。

個人的に、このゲームの楽しみは1からデッキを考えて実際に使ってみることです。

なので勝敗は二の次……とも言えません。

カードを持ってゲーセンに行き、100円玉を投入してプレイする1対1のゲームなので、勝つことに越したことはありません。

ですが、ランカーになりたいとか、フレイザードのように「オレは戦うのが好きなんじゃねぇんだ……勝つのが好きなんだよォォッ!」というのではないです。

何というか、勝ちあがることよりも、デッキを考えて使ってみることの方が勝る状態です。

ただ三国志大戦の末期のように、カード追加が無くなり、使ったことのないカードも無くなったら、雄飛英魂のようにデッキを固定するかもしれません。

と思いましたが、三国志末期でも結局は雄飛英魂以外に業炎英魂や雄飛八卦も使っていたような……(笑)













タグ: 戦国大戦




AutoPage最新お知らせ