男前だけどちょっぴりおばかなうさぎの思い出
生きた心地がしない・・・を実感  ももち

 
 昨日、お気楽な記事を書いた後・・・・
 それまで入ったことさえなかった木製BOXに引きこもり。
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 お水は飲んでるのを見たものの、ペレットも牧草も全く食べない。
 ●は、残りの大きなのが出てる感じで新たな生産はなし・・・・
 夜中も1〜2時間置きにチェックするものの状況変わらず。


 こんなことは、ももちと暮らし始めて6年ちょいの間、なかったこと。
 うっ滞かしら?と思って腹部マッサージ。張ってる感じはない。

 昨日、実家に帰ってくるとき、ももちキャリーに保冷剤は入れてたけど、
 車の中はめちゃめちゃ暑くて、冷えるのに少し時間がかかったかも。

 脱水? 耳は熱くないけど。


 本来なら、朝から動物病院に連れていくべきだけど、どうしても
 仕事を休むわけにはいかない。

 母に頼もうにも、父をガンマナイフのため姫路の病院に連れていく日。
 
 どう考えても12時間以上、何も食べてない。 まずい、どうしよう。
 帰ってくるまで、なんとか生きていて欲しい・・・

 こんな時に、病院に直行できないようなニンゲンは命と暮らしては
 いけないんじゃないか、ももちもうちでなかったらこんなことには
 ならなかった・・・ect   後悔ばかりがよぎります。

 今日は仕事で人と話していても、全く頭に残らず・・・・・

 祈るような気持ちで帰ってくると、引きこもったままですが
 生きて待っていてくれました。 



 ももちが病気をしたときのために、健康診断で
 エキゾチックアニマル得意病院も受診していたのに、
 なんでこんなほんとの時に、
 わけのわからない動物病院にかかるはめになるのか・・・

 よく考えたら、実家にだってよく帰ってきてるんだから、こんな状況も
 想定してないといけなかったなと、また後悔。 

 でも、とにかく点滴やお腹を動かす注射をしてもらわなきゃの一心で
 わけのわからない(しつこい?)動物病院に受付終了間際に駆け込みました。


 直腸温は39.2℃ 「移動のストレスと脱水かもしれない」とのこと。

 で、点滴してもらって、シレンジでお薬を飲ませてもらったら
 ごくごく飲む。 その様子を見てなんか助かった気がしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 
 ももちのサークルはエアコンのない部屋だったので、じーちゃんたちの
 部屋に病室をつくる。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰ってくるなり、食欲回復・・・とまではいかないけど、野菜ジュースを
 まぜたお水を飲み、ペレットも一口食べたら引きこもり、また出てきて
 一口食べて・・・といった状態ですが、木製BOXから出てくる頻度も
 増えてきました。
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
 まだ、安心・・・・といったところまではいかないけど、

 今日は少し眠れそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します

 ほんと、怖かった一日ですが、私は今までももちが元気なのを
 いいことに調子に乗ってた気がします。

 心を引き締めて、がんばろうと思ったお誕生日。




AutoPage最新お知らせ