プロレス死亡フラグ

2010/6/27 | 投稿者: 鹿苑院

かつて、学生プロレスが新日本プロレスの道場に合同練習を申し入れたことがあり、新日本プロレス側はこれを受け入れたが、いざ始まると容赦なく完膚なきまでにボコボコのグッチャングッチャンに叩きのめしたらしい。プロレスは修行を積んだプロだからできる危険な商売であり、素人が面白がって真似するもんじゃないという考えが根底にあり、そのための見せしめだった。亡き橋本真也が武藤の物真似をする神無月をかなり力を入れてぶっ叩いていたこともあったが、その時も同じことを言っていた。

しかるに、これはいったいなんだ。


馬場と猪木の両方からフォールを奪った唯一の日本人・天龍源一郎は、馬場亡き後の全日本プロレスを一人で支えた傷だらけの川田利明はどこへ行ったの? しかもこんな茶番劇の入場テーマに全日本プロレスのテーマを使うなど、馬場が見たらなんと言って嘆くだろう。こういうことをしているからプロレスはますます衰退していく。

口直しに川田が一番悲壮で美しくて輝いていた頃の試合をどうぞ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ