瑩山紹瑾

2010/6/26 | 投稿者: 鹿苑院

私は参加できなかったが、先日行われた祖父の百箇日法要で、増築したトイレの場所が悪いから最近悪いことばかり起こるという話になったらしく、導師を務めた曹洞宗の住職が「それならお祓いしましょう。」とやってくれたらしい。

浄土真宗ではこういうことは一切気にしない。お祓いなんてしないし、家相がどうのという話も無視だ。曹洞宗も道元の時代にはそうだった。こういうことをやりだしたのは曹洞宗第四祖・瑩山紹瑾からである。

道元という人は釈迦以来の仏法の正統を意識することが強い人で、ひたすらストイックな禅をし続けた。しかしそれゆえに一般大衆には付いていくことができず、曹洞宗は法灯が絶える寸前であったらしい。瑩山の登場により、祈祷とか占いとか現世利益とか、いわば「俗っぽいもの」を取り入れることにより曹洞宗は人気を取り戻し、今日の隆盛に至る。しかし勿論、道元のストイックさを慕う人々からは相当な批判が集まった。今でも道元の永平寺と瑩山の總持寺は仲が良くないらしい。

瑩山のやり方を悪いとは俺は思わないのだけど、同じく滅びかけていた浄土真宗の中興の祖・蓮如が親鸞の教えを改変することなく布教に成功したことと比較すると興味深いものを感じる。それだけ本質的に念仏というものは大衆的で、禅はそうでないということなのかもしれない(禅の悪口を言うつもりはない。釈迦が坐禅によって悟りを開いた以上、禅の正統性を私は認識しているし敬意も持っている。もし上記の文が禅への批判に聞こえたら許してほしい)。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2010/6/26  14:10
 

島田裕巳氏『葬式は、要らない』に一言申し上げます。 




AutoPage最新お知らせ