武田勝頼現象

2007/11/21 | 投稿者: 鹿野苑

録画しておいた「ウルトラセブンX」を初めて観た。特撮作品としては標準以上のレベルだと思うが、私の知っている、私の好きなウルトラの空気感とはまるきり異質と言わねばなるまい。ウルトラ畑で育った私にとって懐かしさを全く感じないというか、数年ぶりに故郷に帰ったら街がガラッと変わっていて寂しくなったという感覚に近いものがある。
今回やっと観る気になったのは、ミサキ・ユキ役でメビウスにも出演した石川紗彩さんが出ていたから。メビウス以来の再開を楽しんでさぞ満足した気持ちで観れるだろうと思っていた。しかしそれは裏目に出た。ミサキさんがいるのにどうしてGUYSのみんながいないんだろう?どうして「GUYS Sally GO!」の声がないんだろう?理屈では分かっているが気持ちがどうしても理解しようとしなかった。俺にとってメビウスは、GUYSはこんなに大切な存在だったのかと思ったら涙が出てきた。馬鹿らしい話ではあるけども。
「ウルトラセブンX」もいい面の皮だ。あれはあれで立派な作品なのに、前作メビウスが素晴らしすぎたために評価が不当に低くなっている。それがこの記事のタイトルの由来。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ