松平氏発祥の地

2009/7/24 | 投稿者: 鹿野苑

秋から愛知県岡崎市で4ヵ月間働くことになっているので、この前の3連休は実家から岡崎へアパート探しに行った(むろんついでに岡崎城と大樹寺にも行った)。実家からだと豊田市を通るが、豊田市に行きたい場所が2つある。虎がいる鞍ヶ池公園(高校時代に行ったが結構良かった)と、松平郷である。

松平郷。
字面から予想できる通り、松平(徳川)氏発祥の地。よく家康の生まれた岡崎がすなわち松平氏発祥の地と思われがちだが、実は違うわけだ。この松平郷は私にとって聖地だから是非にもこの機会に行きたい。そして家康以前の松平氏に思いを馳せてみたい──。司馬遼太郎さんはここを二度訪れたことがあるそうで、その二度目はすっかり観光地化されて開発が進んだおかげで元の面影がなくなり、かなり失望してしまったらしいが。…それでもいい。是非一度行きたい。

失望したといえば、先日岡崎城を初めて訪れた父は「ガッカリした」と言っていた。あんなの鉄筋コンクリートじゃないか…というわけだ。そんなこと言ったら姫路城と犬山城と丸岡城以外全部ダメじゃないか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ