はなしにならん

2009/6/27 | 投稿者: 鹿野苑

児ポ法の国会審議での自民党・葉梨氏の発言を読んで腸が煮え繰り返った。この法案の最大の問題点である冤罪の可能性を指摘された時の反論がこうだ。

「自白は証拠の王様だ。捜査員は善良な人ばかりなので自白強要による冤罪事件などは起こらない」

………(またもやあんぐり)。

足利事件の菅家さんの例をまったく無視している。新聞読んでないのか? 勉強不足で何も知らないなら国会で発言してくれるな。こんな与太話を聞かされるならまだ居眠りしてくれてた方がマシだ。名前は「はなし」だが、てんで話(はなし)にならんね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ