ラッシャー木村vsハルク・ホーガン

2009/5/23 | 投稿者: 鹿野苑



このカードだとホーガンの圧勝かと思いきや、木村も一歩も退かずに闘っている。最後は木村がホーガンをラリアートでフェンスの外に弾き出して反則負け。相手をフェンスの外に出すと反則負けというのは当時の新日本限定のルールだが(タイガー・J・シン対策らしい)、明らかにシラけるルールであり、今はむろん撤廃されている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ