綿のタネ

2009/3/11 | 投稿者: 鹿野苑

さすが綿といえば三河、三河といえば綿である。時間潰しに立ち寄った園芸店に綿のタネが売ってたことにテンションが上がって、一袋買ってしまった。堺に伝来した綿の栽培をこの地方に広めたのは水野於大、すなわち徳川家康の母なので(山岡荘八の創作でなければ)、三河の綿は徳川ファン垂涎のアイテムなわけだ。しかも綿はアオイ(葵)科の植物だということにまた感動する。花が咲いたら切り花にして如来さんに供えるのはいつもと同じだ。家康公が造ったと言っても過言ではない東本願寺から我が家に来た如来さんに。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ