女・川根

2017/9/18 | 投稿者: 鹿苑院

先だっての「男・天竜」の続き。

同時に川根の茶も取り寄せていたので今日封切った。川根といえば「茶柱倶楽部」という漫画の主人公の出身地でもあり、「男はつらいよ」のとらやのセットに「川根銘茶」と書かれた箱を確認できる。なんとも期待が高まる。

まず茶筒に中身を移した後の空袋の匂いを嗅いでみるとこれだけで「ザ・茶!」というようなふくよかな香りがする。これだけで絶対に美味しいはずだと確信できた。
淹れてみるとやはり期待を裏切らない。甘み・旨みが前面に出るがただ甘いだけではなく微弱な渋さがあり、これが程良いバランスを持つ。深蒸しに頼らなくてもこういう味が出せるのは驚くべきことである。

天竜茶が男だとしたら川根茶は女というイメージが浮かぶ。美人だがただ可愛いだけではなく頭も良い、しっかりした女性──そう、「茶柱倶楽部」の主人公・伊井田鈴に似ている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ