諏訪法性兜はかっこいい

2016/2/25 | 投稿者: 鹿苑院

数ある兜の中で、一番かっこいいのは明珍作の諏訪法性兜だと思う。武田信玄所用の、白い毛がふさふさと付いたあれである。

大抵の時代劇では武田勝頼は長篠の戦において適当な別の兜をかぶっているが、史実では信玄から譲られたあの諏訪法性兜をかぶっていたようだ。敗走する時、近臣に持たせていたのだが、重くて逃走には邪魔だからというのでその近臣が勝手に捨ててしまったものらしい。もっとも他の家臣が拾って回収したので事なきを得た。
信玄の象徴とも呼ぶべき兜でさえ、敗走時にはぞんざいな扱いを受けるという現実がその後の武田家の凋落を暗示しているようでなにやら意味深げである。

最近は武将所用の甲冑をモデルにした五月人形が流行っているが、そんな悲しい歴史には目をつぶってもオレの息子には信玄モデルの諏訪法性兜にしてやりたい。
オレは家康贔屓だが、巷にある家康モデルは前立がシダの形になっているだけで他の部分は似ても似つかないものばかりでまったく欲しいと思えないのだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ