またも負けたか日本外交

2015/12/29 | 投稿者: 鹿苑院

やれやれ、だ。慰安婦問題は日韓合意、最終的かつ不可逆的に解決と決められたが、はっきり言ってオレはそれを信用するぐらいなら大仁田厚の引退の方を信用する。
必ず近いうちに、500%の確率で蒸し返してくるに違いない。そもそもがたかり商法で成り立っている国なのだから。
だいたい日韓基本条約でも最終的かつ完全に解決と書いてあったのに実際はどうだったか顧みれば、信用する方がどうかしている。韓国国内の自称元慰安婦の団体はすでに反発の意思を露わにしている。最終的かつ不可逆的な解決などちゃんちゃらおかしい。もうすでに蒸し返す気満々ではないか。

安倍政権の支持率にもこれは手痛く響くはずだ。元々安倍政権は増税が多く内政はいまいちだが、特定アジアに毅然と対応する外交姿勢が保守層の支持を集めていた。それがこの結果では今まで支持していた人をもガッカリさせてしまったことだろう。

一つだけ好意的にこの件を解釈するなら、もし今後韓国がこの取り決めがなかったかのように再び謝罪と賠償を要求してきたら、その時こそ韓国が国際的な取り決めの何たるかも理解していないならず者国家であることが世界中に知れ渡る。なにしろ今回はアメリカが仲介である。アメリカが、世界が韓国の異常さに気が付く日はきっとそう遠くない。

つーか10億円は朝日新聞社が払え。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ