アフラ・マズダの東漸

2015/12/23 | 投稿者: 鹿苑院

自動車メーカーのマツダのロゴは「MAZDA」である。これではマツダではなくマズダではないかと思ったことは誰もが一度はあるだろう。これはゾロアスター教の神、アフラ・マズダに由来している。

ゾロアスター教は、世の中は善神アフラ・マズダと悪神アーリマンが率いる軍の戦いの場であるとする。アフラ・マズダ軍が優勢になれば世の中は平和になり食糧生産がうまくいき景気も良くなるが、アーリマン軍が優勢になれば戦争・疫病・飢饉…と悪いことが起こる。
アフラ・マズダ軍を応援するためには我々人間が善行を心掛けることだが、そこはまあ古代宗教なので最大の善行は近親相姦だったりする。あとは悪しき生き物であるとするカエルをわざわざ探し出して殺す時間が毎日ある。

アフラ・マズダは光の神だが、これが仏教に取り入れられたのが阿弥陀如来や大日如来だという説もある。阿弥陀如来は別名を無量光如来ともいい光の仏だし、大日如来も太陽の仏なので光に関係がある。
あまりそのつもりはないのだが、もしかしたら我々はアフラ・マズダを拝んでいるのかもしれない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ