せざるおえないと書くやつを心配せざるをえない

2015/9/23 | 投稿者: 鹿苑院

今週のリッスン?2-3を聴いていたら、「もうすぐ社会人なので社会を意識せざるおえない」と書いてきたリスナーにみかこしが「君、社会人になって大丈夫か?」と突っ込んでいたので感心した。

正しくは「せざるえない」なのだが、「せざるえない」と書いている人が結構いる。

正しい書き方である「せざるえない」は、「せざる(しない)」ことを「得ない」「しないわけにはいかない」という意味になる。
一方、「せざるえない」と書いている人は時々「せざる負えない」と変換していることがあるので、「しないでいる状態を背負えない」というニュアンスで捉えているのかもしれない。

いい歳をした大人でもこの間違いを犯している人は多いのだが、若いみかこしがこれを正しく指摘できたことはうれしい。応援している人が賢くないとガッカリするもんな。


余談だがオレの大学はアホでは入れないはずなのだが(いや、学歴をひけらかしたいわけじゃないんですけど)、クラスメートの中にも「いう」を「ゆう」と書いていたり、「一応」を「一様」と書いていたりするやつが少なくなかった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ