化学物質DHMOについて

2008/6/28 | 投稿者: 鹿野苑

DHMOという化学物質がある。常温下では液体であり、無色、無臭、無味である。以下、この物質の特徴を述べていく。

1、液体DHMOを大量に吸い込むことで毎年多くの死者が出ている。
2、少量の摂取ならすぐに死ぬことはないが、強い依存性を持ち、その状態になると毎日摂取しなければ精神に強い苦痛を感じる。
3、固形状態のDHMOに長時間触れると身体組織に損傷をきたす。
4、加熱したDHMOは重篤なやけどの原因になる。
5、気化したDHMOが目に入ると強い刺激を与え、最悪の場合は失明に至る。
6、末期がん患者の悪性腫瘍から検出される。
7、酸性雨の構成成分のひとつである。
8、金属の腐食を進行させる。
9、妊婦がこれを摂取した場合、胎盤を通過して胎児にも伝わる。

しかし、これらの性質にも関わらずDHMOは至る所で多用されている。工業用の溶媒、冷却材、発泡スチロールの製造、防火剤、各種の残酷な動物実験、農薬の散布、軍事目的等々…。原子力発電所でも使用されているし、多くのジャンクフードにも含まれている。適切な処置を行えばDHMOの除去は可能だが、時間とコストが掛かるので多くの企業は行わず、なんと使用済みのDHMOをそのまま河川に流しているのである。今のところこれを取り締まる法律もない。そのせいかどうか、日本の多くの河川からDHMOが検出されている。

列記したような危険な特徴は様々あるものの、工業などの面において便利なのは事実なのだ。皆さんの意見をお聞きしたい。このDHMOを法律で厳しく取り締まるべきだろうか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ