梅の甘露煮

2014/5/9 | 投稿者: 鹿苑院

大学時代の恩師に教えられた健康法に、「同じ物を毎日食べない」というのがある。健康食品などのCMではそれを毎日食べることを推奨しているので奇異に思うかもしれないが、理由を聞けば納得できる。例えば今はまだ知られていないけど毎日食べていた物に発がん性があることが数年後にわかったら…というわけだ。納豆だとか胡麻だとかの何百年もの歴史がある伝統的な食品ならいいかもしれないが、それに何らかの食品添加物が含まれている場合はそれが引っ掛かるかもしれない。

…ということを知っていながら、これは毎日食べたいと思う食品に出会ってしまった。福井県で見付けた梅の甘露煮である。梅酒に似た甘い味でもう病みつき。菅公とその生まれ変わりと称される人物を尊敬していることとは関係なかろうが、何故かオレは梅の花も実もとにかく好きなのだ。昨日も今日も、仕事しながら思うことはただ一つ、「早く帰ってあれ食べたい」である。煮汁もサイダーで割って飲むと美味いんじゃないかという気さえする。

ああ、早く帰りたい…。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ