2022/1/17 | 投稿者: 鹿苑院

昨年末、ストロング小林が逝去していたことをスポーツ新聞の見出しで知った。

僕が最初にプロレスに興味を持ったのは東京プロレスの最後の試合だった(タッグマッチで安生洋二が出ていたことだけは覚えている)が、僕を完全にプロレスファンにしたのはその数日後に見たアントニオ猪木vsストロング小林戦だった。と言っても猪木の両足が浮いたジャーマンで有名なあの試合ではなく、卍固め2連発で猪木が勝利した試合の方である。

その後の小林は坂口征二との北米タッグが僕を興奮させた。王座陥落後、坂口が新しいタッグパートナーとして長州力を選んだ時はショックだったものだ。坂口&長州組は僕の目には坂口&小林組ほどの魅力を感じられず、僕の目は北米タッグから離れていく。

以上は僕が生まれる前の話である。衛星放送で昔の試合を観るのが僕のプロレス初めだった。その僕にとって、ストロング小林は紛れもないスターだった。
0

2022/1/4 | 投稿者: 鹿苑院

SARSやMARSが終息した理由は明らかにはなっていないが、ウイルスが変異して人体に無害なウイルスになったのだろうと言われている。
そのことがあるから、僕はオミクロン株出現というニュースを聞いた時に「ああ、よかった。これで新型コロナウイルスも終息だ」と思った。しかるに今なお騒いでいる世の中のおかしさはどうだろう。

ウイルスというものはそもそも変異するものである。新しい変異株が出たからといっていちいちニュースにして騒ぐというのは、「犬がワンと鳴いた」とニュースにするぐらい滑稽なことだ。

コロナウイルスはずっと昔から風邪のウイルスとして存在している。それが武漢を発祥とする強い毒性を持つ新型が現れたのがこの騒動の始まり。コロナウイルス自体は昨日や今日現れた新参ウイルスではないだけに、まったくこの世から根絶するなど無理な話で、元のただの風邪ウイルスに戻れば終息とするしかない。

オミクロン株は毒性は今までのものより極めて低いという。であるなら、もはやただの風邪ウイルスに戻ったとみなして終息を宣言するタイミングは今ではないのか。
え? 従来のものより感染力が高いだろうって?
おおむね感染症というものは感染力と毒性は反比例する(でなきゃ感染力も毒性も強い病原体が出現した時点で人類は滅亡する)。つまり、毒性が低くなるのと感染力が高くなるのはワンセット。その感染力がただの風邪ウイルスと同じぐらいであるならば、オミクロン株は感染力も毒性もただの風邪ウイルスと同じということになる。

しかるにいつまで「◯◯で初のオミクロン株市中感染を確認! 感染者が今日は何人!」などという報道をやるのだろう。無限に変異するだけで決して消滅はしないコロナウイルスが変異するたびにずっとこんな報道をやり続けるのだろうか。不安を煽って金儲けしたい誰かが裏にいるのではないかとすら勘繰ってしまう。
0




AutoPage最新お知らせ