2021/2/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


昔の家電は今よりハイテクでないだけ寿命が長かったりする。我が家の電子レンジは母の嫁入り道具だったというから38年。実に僕が生まれる前から我が家で働き続けていた逸品である。
まだ物を温める機能は生きているが、時々火花が出るようになったので危険という理由からその長い長い現役生活についに幕を下ろすこととなった。
こう長い付き合いになると別れも寂しいもので、写真を撮り、紙碑ならぬブログ碑としてここに記録を留めておく。長い間お疲れ様でした。ありがとう。
0

2021/2/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


今年の大河ドラマで吉幾三が演じている十二代将軍・徳川家慶。どちらかといえば丸顔の吉幾三とは似ても似つかない、長い顎の持ち主だったと言われている。

子作り日本一の父・徳川家斉とは不仲であった。将軍職を譲っても実権は譲らない父への不満が最も大きな理由だが、もう一つの理由として宗教問題もある。家斉は日蓮宗の信者だったのに対し、家慶は徳川家代々の浄土宗。日蓮宗と浄土宗では水と油である。

家慶自身は将軍として自ら政治に腕を振るうことには乏しかったが、水野忠邦、次いで阿部正弘を抜擢するなど人材を見る目にかけてはなかなかの物があり、暗君とは言い切れない。
自らの息子・家定よりも一橋慶喜を将軍にしたがっていたとも言われており、これが本当ならますます彼の人を見る目は確かである。もしその構想通り慶喜が十三代将軍になっていたら江戸幕府はもっと延命したであろう。
0

2021/2/8 | 投稿者: 鹿苑院

芸能人の芸名のみならず、最近は子供の名前にも「蒼」という字をよく見る。訓読みすれば「あお」であり、「青」では平凡だから珍奇な文字を使えばカッコいいと思っているのだろう。

そんな人たちにこの事を教えてあげたらどう思うだろうか。「蒼」とは「生気のないくすんだ青色」を意味する事を。およそ人名に使いたくなるようなプラスの意味とは言い難い文字である。
つまり、「優」の代わりに「憂」を使ったり、「大和」の代わりに「倭」を使ったりするのと同じ。平凡を避けてカッコいいつもりで見慣れない珍奇な字を選んだ結果、とんでもない意味になっているパターンである。
やはり昔の人が使わなかった文字には使わなかった理由があるのだ。

ちなみに、どうしても「透き通ったきれいな青色」を表したいならそれは「碧」である。
「青く流れる」を意味した自らの芸名を「蒼流」ではなく「碧流」にした椎名さんは賢明だった。
0




AutoPage最新お知らせ