2021/1/5 | 投稿者: 鹿苑院

「昨日のコロナ陽性者数は何百人です。ババーン!」とニュースが出るたびに右往左往する人々を見ているとつい苦笑してしまう。
ある日など、「少なく感じるかもしれませんが○曜日としては過去最多です。」などと言っているのを聞いて、なんか無理矢理おおごとにしようとしてないか?とすら感じた。
マスコミの言うことを疑ってかかるのは僕のせいではないだろう。サブカル差別に反日親韓。「ウソを言わずにだます」がマスコミのお家芸なのは数多の事例で嫌というほど見せられてきた。

つい先日、コロナ陽性者数が1日あたり1300人という記録が出て大騒ぎになったが、ちょっと待ってほしい。1日に1300人が感染する感染症というのは凄いのかしょぼいのかはそれだけの情報では判定できない。

「科学的な数値は基準値または他のデータと比較して初めて評価できる」というのが鉄則である。
この場合、他の感染症、例えばインフルエンザの例年の同じくらいの月日の1日あたりの陽性者数と比較して、コロナが何倍も多いというのならコロナの感染力は恐ろしいと初めて言える。そのデータの併記がない以上、コロナ陽性者数が何人だと言われてもそれは意味のない数字である。

なお、「過去最多」などというのは比較したことにはならない。それはあくまでもコロナウイルスだけの成績に過ぎないからだ。
模試でいつもE判定の受験生が頑張ってD判定になったとしたら確かにその子の中では過去最高の成績だと言えるが、受験生全体の順位からするとやっぱりたいしたことがなく、合格する可能性は低いのと同じだ。

比較対象なきデータは意味のない数字。どうか胸に留めていただきたい。
0




AutoPage最新お知らせ