2020/11/19 | 投稿者: 鹿苑院

明智光秀の妹または義妹に御ツマキ殿という女性がいたようである。
興福寺と東大寺の諍いを仲裁するよう信長に頼んでいたり、公卿が信長に献上品を出す時に彼女にも帯をあげたりしていることから、なかなかの地位にいた人らしい。

どう考えても「ツマキ」は「妻木」だろう。光秀の正室煕子の実家の姓である。であれば、煕子の妹と考えるのが自然である。
(どうしても光秀の実妹という説にこだわりたいなら、煕子と交換で妻木家に嫁いだ妹がいたとしたら「御ツマキ殿」という呼称になってもおかしくないが)。

煕子の妹といえばひとつのエピソードが思い浮かぶ。痘瘡で顔にあばたができた煕子の代わりに父が嫁がせたが、それに気が付いた光秀が断って約束通り煕子を嫁にもらったという話である。御ツマキ殿はその時の妹のことではないか?
そのエピソードでしか語られることがほとんどなかった彼女が、実は知られざる活躍をしていたと想像すると面白い。
0

2020/11/17 | 投稿者: 鹿苑院

「ワールドプロレスリング」を毎週観ているが、ここ最近毎回のように見る光景がある。
バレットクラブのセコンド乱入→レフェリーが気を取られて乱入したセコンドの方を見ているか失神させられている間に反則三昧、のコンボである。

敢えて言おう。プロレスがヤラセくさくなるからそろそろこれはやめた方がいい。
スパイス的にごくたまにやるなら悪くないが、毎回毎回だと飽きてくるし、何より見え見えの茶番なのでプロレスの価値が下がる。
百歩譲ってもし、あれがわざとでなく本当に毎回レフェリーのレッドシューズ海野があさっての方向を見て反則を見逃していたり失神させられているのだとしたら、サブレフェリーを常設するとかレッドシューズ海野を不適任として降格させて他の人物をメインレフェリーに交代するとかの措置をするべきである(いや、本当に海野があんなマヌケなわけはないが)。

例えば、実は海野はバレットクラブに内通していて毎回わざと反則を見逃していたとかいう筋書きを作って、それをどこかのビッグマッチでどかんと表に出して観客の怒りを煽るならそれはそれで面白い趣向にはなるが。
0

2020/11/4 | 投稿者: 鹿苑院

キメハラ、すなわち鬼滅の刃ハラスメントという新しい造語が情報番組で紹介された。その定義はかくのごとし。

クリックすると元のサイズで表示します


なるほど、確かに問題である。幸い僕の周りにはこういう人はいないが、いたらウザそうだ。

でも、ちょっと待ってくれ。これをキメハラと定義するのなら、ずっと昔からディズハラ(ディズニーハラスメント)、ジブハラ(ジブリハラスメント)が根強く存在していないか?
およそ男で、女からこれを受けた事がない奴はほとんどいないと言い切っていいと思う。いるとしたらその男自身もディズニーやジブリが好きでその話題に付き合うのが苦にならないケースだけだ。

マスコミだってキメハラを問題視しているのに、ディズハラ、ジブハラの存在にすら気付いていないという事はあるまい。知っているけどそれに関しては一言も言及しないのは問題にならないと思っているからでは無論ない。
巨大資本を敵に回してヤケドをしたくない。それだけの事である。中学生でもわかる理屈。
1

2020/11/3 | 投稿者: 鹿苑院

これを書いた時から自分の中で燻っていた自力他力問題。
鎮西派の主張としては、「弥陀の本願という船に乗れば浄土という彼岸には必ず着けるけど、船乗り場まで足を運んだり乗船券を買ったりするぐらいはやらなきゃいけないんじゃないか」というもので、それもそれで一理ないわけではない。

この問題について、西山派祖・証空上人と鎮西三祖・良忠上人の書いた文をそれぞれ読んでみるとまったく真逆の主張をしていて、どちらも読むと「あー、そうだよな」と思わせる説得力があるので困る。いつまでも結論が出ない。

それで困っていたら、時宗宗祖・一遍上人の言葉に出会った。

「世の人おもへらく、自力他力を分別してわが体をもたせて、われ他力にすがり往生すべしと、云々。この義しからず。自力他力は初門のことなり。自他の位を打ち捨てて唯一念仏になるを他力とはいふなり。」

「わが体をもたせて」、つまり自分の考えで自力とはこれだ、他力とはこれだと解釈してそれにすがろうとするのは初心者じみた事だと。そんな事ゴチャゴチャ考えんと念仏したらええんや!それが他力や!と前田日明ばりにバッサリ切り捨てている。快刀乱麻の鮮やかさ!
完敗である。でも気持ちいい。
0




AutoPage最新お知らせ