2020/10/23 | 投稿者: 鹿苑院

湛如上人は西本願寺16世法主である。寛保元年の彼の死は表向き、病死ということになっている。しかし、西本願寺の茶道指南を代々務める薮内流の記録には決して愉快ではない異説が記されている。

湛如上人が病臥していたのは事実である。
彼の奥方(本願寺では裏方という)は皇族の閑院宮家の出身であった。この裏方とその実家が、上人の病気平癒の祈祷をした。
困ったのは本願寺だ。浄土真宗は今でも神祇不拝、祈祷の否定を頑なにしており、わずか十年ばかり前にも築地本願寺の参拝記念ノートに願い事ばかり書かれているので真宗にふさわしくないと撤去したぐらいに現世の祈りというものを排除している。

ここに法霖という人物が登場する。能化というから今で言えば龍谷大学の学長だと思えばよろしい。彼が湛如上人にこう進言した。
「本願寺の親玉が祈祷で病気が治ったんでは示しがつかない。病気が治る前に自害なされよ」
これが湛如上人の死の真相だという。
法霖が非道な人間でない証拠には、彼も身辺の事を片付けてから責任を取って自害している。彼もまた真宗の法義に命を懸けた人物だったのだ。

さて、この事件をどう読むか。
今年の3月以前だったら僕は「本願寺に嫁いできておいて真宗のなんたるかを知らない嫁はんの迷信深さが悪い」という感想を持っただろう。
しかし、重心の70%ほどを浄土宗に移して、いわば真宗を外から見れるようになってみると、「家族の病気が治ってほしいという、人間として最も素朴な願い事さえそんな形で拒絶しなければならない宗派には何か問題があるのではないか?」と思える。
0




AutoPage最新お知らせ