2020/1/23 | 投稿者: 鹿苑院

子供の頃の印象というのは鮮烈なもので、僕にとって中日ドラゴンズの監督といえば星野仙一と高木守道しか浮かばない。だいぶ遅れて三番目に落合博満という名前が出てくるが星野・高木に遠く及ばない。その星野仙一が亡くなり、今また高木守道が世を去った。

僕が最初に野球を真剣に見たのはあの10・8決戦である。ドラゴンズが優勝すればこの地方のお店が安売りセールをやるんだと母に聞かされたから、それが動機であまりルールを知らない野球を見、負けてセールを逃した事が母のために悔しかった(まあスーパーというのは口実さえあればセールをやりたいもので、2位でも結局はやるものだという事を知ったのは随分後である)。その10・8決戦でドラゴンズの指揮を執ったのが高木監督だった。
翌シーズンからは僕は熱心な野球ファンになり、あのひっかき事件で高木監督が退場になったのが彼を監督として見た最後である。

つまり僕は第一次高木政権しか知らない。今まで何度も書いている事情で僕はドラゴンズファンをやめているので、ジョイナスと揶揄された第二次政権については見ていなかったしよく知らない。
漏れ聞く評判によるとこの第二次政権で高木監督は男を下げたようなので、少年時代の思い出にケチを付けないためには見なくて正解だったのかもしれない。

長引く低迷でドラゴンズが身売りされるかもしれないという噂がちらほら聞こえてくるが、僕と同じ理由で中日新聞社に愛想を尽かしたドラゴンズファンにはそれを望む者がTwitter界隈に意外と多い。もちろん新しい親会社も反日企業だったり創価系企業だったら話にならないが、そうでなければ僕もドラゴンズファンに戻ってもいい。ちょっと考えてみて、この地方の企業で可能性がありそうなのは名古屋鉄道株式会社だが、さて……?
0

2020/1/23 | 投稿者: 鹿苑院

経団連が「日本型雇用の見直し」という寝言をほざいていたのでウンザリさせられた。この季節になると毎年同じことを言っているので、ヤツらが何も考えておらずに例年と同じルーティンを繰り返しているだけなのは明白だが、それにしてもまだそんなことを言っているのは本当に連中の頭は空っぽなのだろう。

「日本型雇用の見直し」とは要するに、年功序列と終身雇用をやめて成果主義・実力主義にしようという意味だが、まずとっくのとうに日本はそうなっている。今さらそれを目標として掲げているのがツッコミポイントの第一。
そしてそうなった結果、日本は未曽有の不景気に見舞われているのにその間違いにまだ気付いていないのがツッコミポイントの第二。

いかに現時点では勝ち組にいられるスキルを持った人間でも、恐ろしいほど次から次に世の中に新しい横文字が溢れ、目まぐるしく変わっていく社会で今後何十年も自分のスキルが時代遅れになることなく通用し続ける自信を持てる人間などいない。

バブルを謳歌してきた老人たちは、やれ少子化だ、若者のマイホーム離れだとわめいているが、終身雇用が崩壊して将来がどうなるか分からないのに何十年ものローンを組んで家を買い、子育てをしようとする馬鹿もないであろう。景気回復には経団連の考えている事とは正反対の、「日本型雇用の復活」が特効薬なのはちょっと考えれば分かる。
一握りの勝ち組しか家や高級車などの高い物を買えないからカネの流れは滞り、不景気になる。不景気になればますます世の中の競争は厳しくなり、ボーダーラインが上がれば今は勝ち組の人間でも負け組に転落する。こうして皆が貧乏になっていく。Fuck you 実力主義。ちなみに70年代の若者なら共産主義に救いを見出したかもしれないが、あれがとんでもないまやかしなのはもう誰でも知っている。


子供の頃、日本はこれから年功序列を廃して実力主義になっていくと聞いた時、素晴らしい事ではないかと思った。自分はもちろん有能な側に違いないという子供ならではの根拠のない自信──美化するなら「無限の未来への期待」と言うこともできる──に溢れていたからだ。
大人になって、社会はそう甘いものではなく簡単に勝ち組にはなれない事を痛感した時、実力主義とはいかに厳しいものか分かった。弱者は強者の食い物になるしかなく、自由競争とはいえそのスタート地点は生まれつき不平等である。そういう冷たい社会を歓迎したつもりはない。
「封建的」というと人はあまり良いイメージを持たないが、決められた身分の中でなら競争にさらされることなく大過なく生きていける封建制は実は人に優しいシステムだったのではないか。
0

2020/1/12 | 投稿者: 鹿苑院

2022年の大河ドラマが三谷幸喜脚本で主人公は北条義時と聞いて秘かに嬉しがった。マイナージャンルなので三谷幸喜のネームバリューを以てしても視聴率は苦戦するかもしれないが、そのテーマを選んでくれただけで僕としては嬉しい。

多分に僕は日本史というものを「西の公家vs東の武家」という構図で俯瞰しており、一も二もなく東国武家の贔屓である。
大河ドラマに源頼朝は何度も登場しているが、その活躍はほとんどが対平家を描かれており、彼がいかに京の朝廷・院と渡り合って武家政権を確立したかにはあまりスポットが当てられていない。
北条義時こそは、頼朝が始めた武家政治を、冷戦ではなくはっきりとした闘争の形で盤石にした英雄であり、もっともっと知名度も評価も高くていい人物である。
軍人として強かったばかりでなく政治家としても優秀であり、僕と真逆の思想(つまり西の公家贔屓)の北畠親房ですら「神皇正統記」の中で異例にも義時と泰時については絶賛しているほどだ。

僕のマイナーかつマニアックなイデオロギーから言わせてもらえばまさにどストライクなテーマであり、是非にも見たい。
0

2020/1/5 | 投稿者: 鹿苑院

昨日見てきた。「男はつらいよ」シリーズは何度も見ているが映画館で見るのは初めてだから、制作が発表されてからずっと楽しみにしていた。

きっとあの懐かしい寅さんの唄声が聞こえてきたら涙を抑えられなくなるんだろうなと思っていたが、流れてきたのは寅さんのコスプレをした桑田佳祐の唄声。そりゃあ彼は当代随一の歌手には違いないし、それほどの大物がこれほどの大作映画に臨むのだから並々ならぬ気合なことはわかるのだが、言うちゃ悪いけど俺は桑田の物真似を見たかったわけではない。映画本編にも桑田は一切出てこないので彼が歌わねばならぬ必然性はまったく無い。桑田ほどの大物を動かしたのならギャラも安くないはずだが、それだけの金を払って誰が喜ぶとも思えない抜擢をしてどうするのだろう。蛇足の見本のようなものである。

現代の技術で遺された寅さんの映像を使って、新しく撮りおろしたドラマの中に寅さんを参加させるのかと思っていたらそうではなかった。基本的に寅さんは回想という形での登場である。
ほぼ満男が主人公の現代劇であり、寅さんは時折満男を見守るように霊のような形で現れる。ただし劇中で寅さんの生死については敢えて語られない。法事のシーンでおいちゃん、おばちゃんの写真が仏壇に飾ってあったことでその2人が故人なのはわかるが、寅さんの写真はなかった。これについては見る側の解釈に任せるという意図だろう。

期待していた作品とは違う。しかし、寅さんを見てきた者としてはやはり見ておくべき作品なのは間違いないし、見に行って良かったと思う。
0

2020/1/1 | 投稿者: 鹿苑院

明けましておめでとうございます。

第二次東京オリンピックの年。それをきっかけに日本の景気が好転してくれるかもしれないのであまり期待せずに待ちたいと思う。
あと、西暦で上2桁と下2桁が同じというのは101年に一回しかないわけで、そういう意味でも貴重な気がする。だからどうしたと言われたらそれまでのことだが。

自分の干支である子年。ともかく良い年にしたいものです。
0




AutoPage最新お知らせ