2019/10/12 | 投稿者: 鹿苑院

テレビで観ていたCSで、巨人の今の四番打者が岡本和真という選手だと知った。初めて聞いた名前である。

長嶋、王は言うに及ばず、原、落合、清原、松井などの巨人軍歴代四番打者は「野球を知らない人でも名前ぐらいは聞いたことがあるスター選手」ではなかったか。
言っては悪いが、「岡本和真知ってる?」と聞いて「ああ、巨人の四番ね」と答えられる人はよほど積極的にプロ野球を観ている人に限られるのではないか。

もっとも、これを岡本選手の責任にするのは酷だろう。野球が他の追随を許さない唯一無二のコンテンツではなくなったという、いわば環境のせいで、それは野球以外のものを好きな人でも多様性が認められるようになったという意味で好ましいことでもあるのだ。
0




AutoPage最新お知らせ