2019/4/30 | 投稿者: 鹿苑院

NHKの中継で見た。202年ぶりの儀式にしては意外に簡素だと感じたが、ド派手にやるよりはこのくらいの慎ましやかな方が、不況にあえぐ国民に寄り添ってこられた陛下にふさわしいようにも思う。
それにしても、京都でなく東京で、衣冠束帯でなくモーニングで退位された事に時代の流れを感じた。

余談だが家からさほど遠くない所に「平成」という名の道の駅がある。せっかくだから今日行ってみようと思ったのだが、あまりにひどい渋滞だったため引き返してきた。
0

2019/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

結婚して初めて迎える誕生日だが、まだ同居していない上に今日は会う予定もない。誕生日という今日に限らず、やはり同居していなければ今までの生活と何も変わっていないのでまったく実感がない。

それはそうとして、四捨五入すれば40というのがなんだか空恐ろしく感じる。高校時代がまだついこの間のようにすら感じられるのだが、こういう感覚を持つことがすでに歳を取った症状かもしれない。
0

2019/4/23 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



上がシロサイ、下がクロサイである。名前に似合わず体色はほぼ同じ。それもそのはず、白いからシロサイなのではなく、黒いからクロサイなのでもないからだ。

両者を見分けるには口の形を見ればいい。シロサイは地面の草を芝刈り機のようにして食べるのに適した平らな幅広い口であり、クロサイは木の葉をつまんで食べるのに適した三角形に尖った口をしている。

このシロサイは幅広い口ゆえにwide rhinocerosと命名されるべきであったが、聞き間違えた人がwhite rhinocerosとしてしまったため、すなわちシロサイとなった。
クロサイに至っては、あっちがシロサイならこっちはクロサイだろうというまことに粗雑な命名である。

また、両者は体の大きさが全然違う。シロサイはサイの仲間で最大の巨体を誇り、メスよりもオスの方が大きいとしてもクロサイのオスよりシロサイのメスの方がはるかに大きい。
0

2019/4/15 | 投稿者: 鹿苑院

駿府城を発った徳川家康が、九男で尾張藩主の義直の婚儀のため名古屋城に入ったのが慶長20年4月10日である。婚儀は12日。終わってもその足を駿府に返すことはなく、そのまま大坂夏の陣への出陣と相成ったのが4月15日である。

その4月15日という日が僕の新たな人生への出陣の日となった。すなわち入籍である。
婚活を始めてから5年。いいかげんな出会い系アプリだとか、彼女作りを目的に通った習い事などから数えればもっと長く足掻き続けてきた。
その間、本当に理不尽な目にもあった。いろんな人に傷付けられたし傷付けもした。受験勉強なら自分が努力すれば合格に近づくが、婚活はどんなに努力しても相手の気まぐれ一つでドボンになる。気まぐれなのでハッキリした理由もないしコンテニューもなく最初からやり直しというクソゲーである。もう二度とやりたくない。
お見合い結婚は恋愛結婚より離婚率が低いという。そりゃそうだろう。こんな理不尽なクソゲーから解放してくれただけでも恩人である。

…とはいうものの、どんなに待ったか知れぬこの日を迎えてみると、手放しで浮かれているというわけではない。いろいろな複雑な手続きで気を緩めることはできなかったし、言い様のない漠然とした不安にも捉われている。これがマリッジブルーというやつだろう。
0

2019/4/14 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します



仕事で大阪まで行ってきた。帰りがけに新大阪駅構内のお店で見かけた玄武のハンドタオルが気に入ったので買った。
店員が愛想の良い人だったので、つい「玄武は我が家の守り神なんです」と言わいでもの事を言ってしまうと、「そういう事を言う人に初めて会った」と言われた。が、事実そうである。

桓武平氏良文流千葉平氏の氏神は妙見菩薩である。これは北極星を神格化した菩薩で、北極星は常に世界の真北にあるのだから、北方の神である玄武はその化身または眷属とされる。

なお北極星は昔は北辰と言った。ためにやはり千葉平氏の一族である千葉周作が開いた流派は「北辰一刀流」であり、その道場を「玄武館」と称す。
0

2019/4/11 | 投稿者: 鹿苑院



これは歴史に残る名スピーチである。思わず声をあげて笑ってしまったぐらい面白いが、天皇陛下御即位30周年記念式典の場でボケる勇気を思うとたいした度胸である。
戦前なら不敬罪になるかもしれないが、ネット上でもこれを批判する言説は僕が見た限り1つもなかった。笑いをとりながらも両陛下への敬意を揺るがせにしていないところが好感持てる。お笑い芸人とはこうあってほしいものだ。
0

2019/4/1 | 投稿者: 鹿苑院

昭和とかぶるから「和」という文字は使わないだろうと予想していたが見事にはずれた。万葉集の梅の花の歌にちなんだそうで、梅が好きな僕としては大変嬉しい。
発表の直後、みぞれが降った。東海竜王が新元号を寿いでいるように感じた。

なお、どんな元号になっても絶対ムリヤリ悪意の解釈をして「アベ政治を許さない」に繋げるやつが出てくるだろうと確信していたが、やっぱり湧いて出ていた。まったく左翼の行動パターンは単純だから読みやすいことこの上ない。
0




AutoPage最新お知らせ