2018/12/16 | 投稿者: 鹿苑院

昔はりんごの代表的な品種といえば紅玉だったそうだが、ふじ等の甘い品種が現れると、すっぱい紅玉は生産量を大きく減らした。アップルパイなどの加工用には最適だというからそういう形で食べたことはもしかしたらあるかもしれないが、加工されていないそのままの紅玉は僕も今まで食べたことがなく、好奇心でいつか食べてみたいとずっと思っていた。

それがイオンに売っていた。2玉で約400円と高かったのだが長年の好奇心には替えられない。
食べた感想は「言うほどすっぱいか?」である。そりゃ比較すればふじよりすっぱいが、これはこれで美味しい。ちゃんと甘みもあるし、甘酸っぱいという言葉が適切である。とても美味しいりんごだった。
0




AutoPage最新お知らせ