2018/4/30 | 投稿者: 鹿苑院




テレビでこのCMが流れてたので見るともなく見ていたら、泥棒が出てきたところで飲んでいた養命酒を噴き出してしまった。マジで漫画みたいに噴き出した。そしてしばらく笑いが止まらなかった。


メイキング

0

2018/4/30 | 投稿者: 鹿苑院

みかこしの大阪ライブに行ってきた。
低身長には厳しいオールスタンディングだが、チケットの整理番号28番だからかなり前の方。汗のしずくが見えるほどの近さで見ることができた。

ただ、始まってすぐに前にいたバッドマナーA氏に体が触れると肘打ちで弾き飛ばされ、ムッとしていたら右から本ライブの最大の問題児・バッドマナーB氏が思いっきり突進してきて僕の目の前に来た。
このBは最悪な奴で、他の人を掻き分け、後ろに突き飛ばしてでも真ん中最前列に行こうとするものだから、他のおとなしい人はあきらめてどくが、Aに突進すると応戦されるのは自明の理。
したがって僕目線では、4〜5mの至近距離でみかこしが歌ってるけど1〜2mのもっと至近距離でバカ2人がどつき合っているという、最高なんだか最悪なんだかよくわからない事態になった。前列とはこういうものなのか、それとも大阪だからなのかはわからないが、こんなバッドマナー見たことない!!

ただ、それでも怪我の功名はあるもので、バカ2人に触れないように自分は踊ったり飛び跳ねたりを控えめにしていたら、意外な楽しさを感じた。
実はここ数年、ライブというものが昔ほど楽しく感じなくなっていたのだが、そうだったのか、無理に踊っていたからだったんだと。10代の頃とは楽しみ方が違って当然。騒ぐのではなくアーティストさんと曲に集中して聴くという姿勢で臨めばこんなに楽しかった。
それこそ10代の頃、隣にいたおじさんが直立不動でライブ聴いてたから「楽しくないのかな?」と不思議に思った記憶があるが、今ならわかる。あの人にとってはあれが一番楽しい聴き方だったのだ。

バッドマナーABにはもう二度と関わりたくないが、意外な気づきを得ることができたのは収穫だった。でもやっぱり、オールスタンディングは好きじゃない。
0

2018/4/26 | 投稿者: 鹿苑院




悠木碧と竹達彩奈のプチミレディ。もし声優界でG1タッグリーグをやるとしたら、この2人は毎年優勝候補である。
0

2018/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

特別に何がなくとも、誕生日が休日だというだけでうれしい。34歳。僕は130歳ぐらいまで生きる予定なので、これで人生の1/4くらいになる。
0

2018/4/19 | 投稿者: 鹿苑院

鈴木軍の一員として新日本プロレスに参加中のザック・セイバー Jr.が凄い。7000種類以上の関節技を持っていると豪語していたのが本当かどうかは知らないが、とにかくどんな体勢、どんなタイミングからでも関節技が繰り出される。その技の数々は、「複雑すぎてどこがどう極まっているのかわからないがとにかくなんか凄いことはわかる」という、関節技としてはある意味理想的なものばかりである。

関節技というのはまあ一般的には通好みの地味な技だとされる。西村修が新日マットで関節技主体のレスリングを始めた頃、観客から「何やってんだ!」というヤジが来たので西村が「おまえこそ何やってんだ!」と返したことがあるぐらい、見ている側としては地味だしわかりにくいし、そう面白いものではない。
ところがザック・セイバー Jr.の場合、関節技の一つ一つが観客が歓声をあげるほどに鮮やかである。通がうなるのではない。多くのファンが歓声とどよめきをあげるのである。本来地味とされていた技に鮮やかな彩りを与えるというのは並の技量ではない。他にはオカダ・カズチカのドロップキックぐらいしか思い浮かばない。

いつ、何時どんな態勢でも関節技、サブミッションホールドを決められるこの男! 無限のサブミッションホールドを持つこの男! He is サブミッションマスター! He is ZSJ! He is ザック・セイバー Jr.! ザックの前に立つ奴は皆ジャスト・タップ・アウト! ギブアップあるのみ!
0

2018/4/15 | 投稿者: 鹿苑院




「へうげもの」、豊臣秀吉の死の場面で使われていた曲。明るく軽快なこの曲が不思議に合い、涙を誘った。おねの膝枕の上で秀吉がこときれた瞬間に付け髭がポロリと落ちる演出は、彼が虚飾から解き放たれ、ただのおねの夫となったことを暗喩しているのかもしれない。
0

2018/4/13 | 投稿者: 鹿苑院




「へうげもの」にて、明智光秀が老の坂を越えて本能寺に兵を進めるシーンで使われていた曲。なるほど歌詞が光秀の真情にピタリとはまる。
0

2018/4/12 | 投稿者: 鹿苑院

「それはそれで、じゃあ次。思いは消えないけど、そうするとまた良いものが入ってくる」

説法獅子吼。いつもながら含蓄のあるめぐさんの言葉。この言葉に救われる思いがした。
0

2018/4/12 | 投稿者: 鹿苑院

お見合いにおいて誰もがやるミスが、最初の相手を断ることである。
「なかなか良い人だけど、まだ決めなくていいや。せっかく入会金払ったんだし、いろんな人を見てから決めたい」、そう思うのは自然な感情なのだが、大抵の場合、最初の人が一番良かったと臍を噛むことになる。だが今日は婚活の話題ではない。

このところ、にんにく黒酢のサプリを飲むことをやめていた。理由はかえって疲れやすくなったからで、サプリに含まれている添加物が肝臓に負担をかけるのでそうなるらしい。スタミナをつけるためのサプリを飲むと疲れるという矛盾が馬鹿らしくなって飲むのをやめたら、数日経ってサプリが身体から抜けたであろう頃から妙な疲れ方をしなくなった。

…と思っていたら、先週末から今週頭にかけての寒さで風邪をひいた。やはり添加物の少ない、もしくは無いもので何か飲んでいた方が体力作りと免疫力アップには良いのかもしれない。

ここで思い起こすのが、サプリに手を出して最初に買った山本漢方のマカである。原料は100%マカ。原材料欄にもマカとしか書いてない。つなぎもなくどうやって錠剤にしているのかわからないが、ともかくも無添加が自慢の商品である。値段も安く、月1000円程度。ネット通販だともっと安い。

最初に選んでいた物が一番良い物だったとあれこれ飲み比べてみてから気付いた。お見合いと違って、いったんやめてもまた買うことは容易い。またお世話になろう。
0

2018/4/8 | 投稿者: 鹿苑院

奥州相馬家は平将門の嫡流である。関ヶ原の戦に際しては石田三成に恩義があったため、西軍寄りの中立という立場をとった。ために改易(秋田に転封する佐竹家の家臣として1万石)を言い渡されるのだが、その撤回を求めて当主義胤の嫡男・利胤が江戸に出向いた。

折よく江戸には本多忠勝が来ており、騒ぎを聞きつけて家康に進言したのが、徳川家馬術師範2名と江戸城一周の競馬をさせ、利胤が勝てば許そうという提案である。この馬術師範が乗ったのはアラブ種の大型の馬。利胤の痩せ馬とは比ぶべくもない。

まだ江戸はあちこちで工事中だったから随所に穴が空いていた。特に穴が多いあたりに来たところで、審判を仰せつかった本多忠勝は空鉄砲を撃たせた。利胤の馬を大きく引き離して先に駆けていく馬術師範の馬は音に驚きつつも穴を跳び越えていったが、利胤の馬は穴に落ちてしまった。

その瞬間、勝負あり!を宣言した忠勝が家康に言うには、
「銃声が聞こえれば地形を利用して物陰に身を隠すのが武者の心得。気にせず突っ込んでいくようでは弾丸の餌食になるばかり。この勝負、利胤殿の勝ちでござる」

この忠勝の粋な計らいにより、相馬家は旧領安堵。さらには勝てそうにない者が勝って大番狂わせを起こすことを「大穴」という言葉が生まれた。
0




AutoPage最新お知らせ