2017/4/28 | 投稿者: 鹿苑院

さすがに公共放送で「戦争やっちゃえばいいのに」とは言えないから、ワイドショーの司会者やコメンテーターは「どうにか米朝戦争を回避できますように」と声を揃えて言っているが、彼らに本当の本当にそう思っているの?と聞いてみたい。案外口に出さないだけで日本人の本音世論は「いいかげんにアメリカが一発北朝鮮を殴ってくれればいいのに」なのではないか?

米朝戦争が起きなければ北朝鮮の現体制は当然存続する。1日存続すればそれだけ餓死する人、罪も無いのに処刑される人が増える。話し合いで金正恩が改心してまともな政治をすることは絶対に無いから、手段としては武力で潰すしかない。
「戦争を回避できますように」とタテマエで言わなければいけない事情はわかるけど、このチャンスを逃したらまた金一族以外の北朝鮮国民は苦しみ続けなければならないことも考えるべきである。よく僕が使う喩えだが、手術の痛みを恐れて逃げていてはやがて癌で死ぬことになるのだ。

あと、「ソウルが火の海になる!我々はソウルを人質に取られているようなものだ!」ともよく言っているけど、韓国がいかに傍若無人で無礼、我が国にとって百害あって一利無しな国かを嫌というほど知った日本人にとっては、その人質はそこまでなんとしてでも救いたい人質ではなく、むしろ(以下自粛)
0




AutoPage最新お知らせ