2017/2/24 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


童友社の小田原城のプラモはこういう形をしている。ただし北条氏の時代には小田原城に天守閣はなかった。それが造られたのは江戸時代になってからのこと。
小田原城のアイデンティティはその広大かつ複雑な構なのだから、個人的な感想を言わせてもらえば天守閣だけというのは寂しい気がする。少しは周りの小建築群を付けてほしい。もっといえば小田原城に関してだけはむしろ天守閣がなくてもいい。

城というものの概念は日本と中国ではやや違う。日本では城と城下町は別物だが、中国では両者は一体であり、町全体を城壁で囲んだものを城と呼ぶ。
小田原城の場合、秀吉の侵攻に備えて城下町全体を城壁で囲んだので、いわばその最終形態で中国式の城になったと言える。他に日本の城でその形をとったのは僕の知る限り石山本願寺だけだが、その両城は難攻不落を謳われた城の東西横綱であることを考えると、中国式の城の方が堅城たりえるのかもしれない。まあ小田原城は中国式になった途端に落城したわけだが。

ちなみに地図を見るとわかるが小田原は関東地方の南西の隅にあり、西から箱根を越えてくる敵を迎え撃つには都合が良いが例えば北から上杉謙信が攻めてきたりすると小田原までの道はほぼすべて蹂躙されることになる。関八州の首府としては偏り過ぎであり、家康がここを本城にしなかったのは当然といえば当然である。
0

2017/2/23 | 投稿者: 鹿苑院

葉隠に代表されるような、いわゆる武士道と呼ばれるものは江戸時代に作られた。従って戦国時代を戦った男たちはそういうものとは関わりがなかった。戦がない平和な時代だから綺麗な事を言っていられたわけで、毎日が死と隣り合わせの時代はとにかく生き抜くことが第一でそのためなら卑怯もラッキョウもなかった(by 6代目バルタン星人)。

ただ、その上記の武士道を「江戸武士道」と名付けるとしたら、日本の歴史にはもう一つの武士道があるように感じる。名付けるなら「鎌倉武士道」と言うべきか。

「平家物語」などの源平合戦の記録を読むと、あの時代の武士たちはただ勝てばいいというようなラフさはなく、ゆかしさがある。正々堂々と一騎打ちもするし、鎧に梅の枝を挿して芳香を撒き散らしながら戦った者もいるし、敵味方が見守る中で扇の的を射て喝采を浴びた者もいる。
なにか江戸武士道が無理に瘦せ我慢して肩肘張っているような窮屈さを感じるのに対し、鎌倉武士道は自然発生的なおおらかで優雅な男らしさを感じる。坂東武者を名乗る僕が尊ぶのはこの鎌倉武士道の方である。
0

2017/2/19 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


欧米人がイメージする日本というのはやはり誇張や誤解が含まれる。
例えば『アイ・カーリー』でも日本に来るエピソードがあったが、実際に日本ロケをやっていないのは誰が見ても明らかで、サムライ・ゲイシャほどベタではないにしても、「アメリカ人がイメージする日本」の範囲からは脱出しきれていなかった。

この「エリザベスアーデン グリーンティ」は日本をイメージした香りとはどこにも書いていないが、日本人の僕が嗅いでも紛うかたなき「日本」である。
名前の通り、基本的には緑茶の香りだが苔の匂いもする(実際ラストノートにオークモスが入っている)。そこからなにかこう、銀閣寺の庭で深呼吸をしたような気持ちになった。この香水はまさに東山文化である。

ひょっとしたら香水だとすら思われないのではないかというほどの軽やかな香り。どこにでも売っている上に小学生の小遣いでも買えそうな値段なのもうれしい。鹿苑院といえば茶というのが畏き辺りでも浸透してきたようだから、これは僕のためにあるような品と言えるかもしれない。
0

2017/2/16 | 投稿者: 鹿苑院

暗殺された金正男氏は、キムファミリーで唯一のまともな人だったと思う。暗殺されるのではないかとは以前からささやかれていたが、本当にこんな映画のような手口でやられるとはまったく驚いた。

インタビューでの金正男氏はまったくの人が良さそうな紳士的な笑顔で、亡くなったことが惜しまれるのだが、「紛れもなく非道な独裁者の一族で人民から搾り取った金で太りディズニーランドに遊びに行く人物がちょっと物の分かったことを言ってるだけで良い人だと思うのは、ヤンキーがたまに良いことをしたら偉く見えるのと同じ」という意見もあって、それも一理ある見識と思う。

とはいうものの、こんなやり方で兄を殺した金正恩の末路も安らかであるはずがない。金正男氏を保護していた中国との関係もまずくなるだろう。アメリカはタカ派のトランプ大統領である。もしアメリカが北朝鮮に宣戦し、中国はこれを黙認するということになったら北朝鮮など風前の灯火に等しい。
天網恢恢疎にして漏らさず。兄を殺したことで金正恩は自分の首を絞めた。
0

2017/2/12 | 投稿者: 鹿苑院

先日、フィリピン人の親子の患者さんが来た。息子の歯がグラグラになってきたから抜いてほしいという要望だったが、見てみると確かにちょっと揺れてるけどさほどでもない。
本人も嫌がってたし、「まだ抜かなくていいですよ」とお母さんに話したのだが、お母さんは日本語があまりわからないらしく、たぶん「抜かなきゃだめよ、おとなしくしなさい」みたいにタガログ語(?)で息子を一生懸命なだめているありさま。それに対して息子本人と僕と歯科助手の3人でお母さんを説得するという珍しい図式になった。お母さんの方はたぶん僕と歯科助手は自分の味方だと思っているのだろうが…。

他の患者さんもいてそっちに行かなきゃいけなかったので、「ちょっと説得しといてくれ」と歯科助手に任せたが、しばらくして戻ってみるとまだやってたので、改めて自分で説得した。
他の患者さんを見ながら、「まだ抜かなくていい」という意味の英文を頭の中で組み立てていたので、それで話したらやっと納得して帰っていった。いやー、英語で仕事できる僕かっこいい!(笑)

ちなみに考えた英文はこちらです。文法的にどこまで正しいかは不明。
「He does'nt need remove this tooth. It's too early. We want let it be.」
たぶんneedの後は名詞形でないとおかしいので、removingにするべきだったのだろう。
0

2017/2/12 | 投稿者: 鹿苑院

このブログでは自分を指す時に「オレ」を使ってきた。せっかく知的な内容なのに(ありがとうございます)「オレ」は似付かわしくない、「私」か「僕」にしてはどうかという指摘を過去にいただいたことがあって、この問題はずっと考えていた。

「僕」という一人称は近代においては長州藩の倒幕派志士が使い始めたとされている(古代でよければ古事記にも出てくるが、「ぼく」とは読まなかったらしい)。「僕」をこれまで使ってこなかったのはそういういわば敵国語だからなのだが、いつの間にか実生活ではこれを使うことが一番多くなった。カジュアルでもフォーマルでもどっちでも使えて便利だからで、そうするとこのブログでだけ「オレ」と書く方が違和感を覚えるようになってきた。

というわけで、次の記事からは「僕」になります。
0

2017/2/4 | 投稿者: 鹿苑院

香水を使う者ならブルガリは誰でも通る道らしい。ド定番中のド定番。定番過ぎて没個性とすら言われる。日本では香水を使っているやつ自体が少数派なのでそこまで没個性って程かなあ?と疑念はあったものの、まあ没個性ではつまらなさそうと今までなんとなく避けていた。
ただ、オレの中でなんとなく意識の変化が起こっていて、香水をつけるにしてもいかにも香水でございというような香りよりも、「なんとなく良い匂いがすると思ってたけど香水だったの!?」というようなさりげない香りが欲しいと思うようになった。すなわち今までの好みは柑橘系だったが、石鹸系への鞍替えである。

石鹸系というのは案外難しい。そう名乗っている商品はたくさんあるが、どれもシャンプーのような香りで、「香水でござい」になってしまう。ネットのレビューを見ながら、石鹸系でかつ入手しやすいものを探したら浮上してきたのはブルガリだった(高級ブランドのイメージがあるが香水は定番ゆえかそんなに高価ではない)。
一番人気はブルガリ プールオムらしいが短時間で匂いが消えるらしいので、二番人気の青い瓶が美しいブルガリ ブルー プールオムを試香させてもらったところ、これまでにないほど気に入った。

クリックすると元のサイズで表示します


つけたては生姜のピリッとした匂いがするがこれはすぐに落ち着き、あとは石鹸そのものの匂いになる。オシャレ雑貨店にあるようなカラフルな香りの石鹸でもシャンプーでもなく、どこの家の風呂場にでもありそうなシンプルな白い石鹸の匂いである。これを探していた。やはりみんなが選ぶ定番商品は優れた品なのだ。もっと早く素直になるべきだった。
青は陰陽五行説では東方の色である。柔和だがピリッとした芯を隠し持っているような、坂東武者たる者はこの香りのようであるべきではないか。
0




AutoPage最新お知らせ