2016/9/19 | 投稿者: 鹿苑院

久能山東照宮で冷たい抹茶をいただいた。お湯でなく冷たい水で点てた抹茶を飲むのは初めてではないが、殊更に美味く感じた。何度か書いているように特異体質なのか抹茶の味をあまり感じないのだけど、この時だけはまともに感じることができた。従って、今まで飲んだ抹茶で一番美味い抹茶になった。

茶道では夏は茶の温度が早く下がるように平茶碗、夏茶碗と呼ばれる浅い茶碗を使う。茶道をディスる気はまったくないが、オレは茶道業界の人間でもないので自由に書いてしまうけど、そこまで配慮するならぬるい茶を出すよりもいっそ冷たい水で茶を点てた方が客にはうれしいのではないか。
「そんなの邪道だ!」とちゃんと茶道をやっている人は言うだろうけど、客がより美味しいと感じるものを出すのがもてなしなんじゃないかなあとごく無責任に思う。
0




AutoPage最新お知らせ