2016/9/29 | 投稿者: 鹿苑院

大坂夏の陣の後、家康の命令で秀吉の墓は掘り返され、遺骨はそのあたりに投げ捨てられてしまったと何か(おそらく司馬遼太郎作品)で読んだことがある。こういう行為は日本人の感覚には無いことだが中国の歴史ではまま見られることで、漢籍に造詣が深い家康公ならやりかねんなと思いつつも、いくらなんでもひどすぎてさすがにこれはいただけない事だと思っていた。

ところがここに、明治30年の豊国神社改修工事の際の発掘調査の記録がある。それによると秀吉の遺体は大きな甕の中におさめられ、西を向いてあぐらを組んでいたという。秀吉の遺体はちゃんと現存するのだ。投げ捨てられたなどとんでもない。
徳川幕府が執った処置としては秀吉の神号「豊国大明神」を廃止して仏式に改めさせただけで、それ以上に秀吉の霊を冒涜する行為は行っていない。

つまりこれは歴史ファンにはよくあること。司馬遼太郎の創作を史実だと思い込んでいたのだ。
およそ司馬遼太郎は徳川家康と昭和陸軍に関しては異常なほどに嫌いで、この2者を貶めるためならほとんど虚言癖と言っていいぐらいに創作を多数織り混ぜてくる。
「仏のうそを方便といい、武将のうそを武略といい、作家のうそを創作という」といった所か。
まあもし司馬さんが生きていてこれを指摘されたら、ニヤリと笑って「鹿苑院君は学者ですな」としか言わないだろうけど。
0

2016/9/28 | 投稿者: 鹿苑院

0

2016/9/28 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


吉川英治作品には時々「竜頭蛇尾」という印象を受ける。序盤はものすごく丁寧で細かいのだが終盤になると原稿の制限枚数が近づいたかのようにほとんどダイジェストで終わるパターンが時々ある。

足利尊氏死去までの太平記というとストーリーはだいたい三部に分かれる。鎌倉幕府滅亡、南北朝分裂、足利家の内紛である。
この『私本太平記』は文庫にして全八巻なのだが、鎌倉幕府の滅亡がなんと五巻の中盤である。全体の2/3がそれに費やされており、そこまでの描写は微に入り細に入りなんとも細かい。
後半のクライマックスは湊川の戦いで、その楠木正成の死も丁寧に描かれているが、その後となると北畠顕家、新田義貞、後醍醐天皇…とあれだけ作中に重大なポジションを占めた人物の死があっさりダイジェストで処理されてしまい(特に義貞などNHK大河なら「ナレ死」と言われるレベルだ)、あれれと思っていると主人公尊氏もあっさり終焉を迎える。

なんだか辛評しているような書き方になってしまったが、巨匠の大作だけあって全体のクオリティは高く、読んで損はしない。ただ、鎌倉幕府滅亡までの密度を最後まで保ってくれればもっと素晴らしい作品になったのにと惜しむ。
0

2016/9/25 | 投稿者: 鹿苑院

名古屋で一人昼飯を食う時は、大名古屋ビルヂングにある博多ラーメンが個人的な新定番になっている。
博多ラーメンとは奇妙な風習のある食べ物で、麺の固さを選べるのだがそれが固ければ固いほど通とされる。ハリガネと呼ばれる固さまではおそらくどこの店にもあるが、粉落としとか湯気くぐりと称するほとんど茹でてないのを喜ぶ客もいる。

人間の胃腸は生の小麦を消化できるようにはできていないので、世界中どこの文化圏でも加熱して食べるのだが、博多ラーメンでこういう奇妙なことをやるのは日本人が陥りがちな「なるだけ調理の手を加えない方が素材そのものの味を感じられて美味い」という思想ゆえだろう。
オレはそういう思想は料理という行為を侮辱するものだと思っているので、だったら小麦食ってろよと思う。ましてや豚骨スープにつけるなど小麦そのものの味を味わいたいならこの上なく邪魔なはずである。

ゆえに、個人的には「ふつう」の固さが最も美味い。
0

2016/9/22 | 投稿者: 鹿苑院

ワイドショーなどのテレビ世論とネット世論が180度違うことはままある。
「ネットは偏った人が多いから」という人もいるが、これだけネットが普及して猫も杓子もTwitterやFacebookをやっているんだから、世論を知るサンプルとしては充分な母数を持っているはずである。むしろテレビの方がスポンサーの意向を無視できない以上、実際の世論を反映していない可能性が高い。

さて、近鉄の車掌が列車遅延について客に説明していたところ、客からの暴言(暴力もあったという説も)を受けてプッツンして制服を投げ捨て飛び降りるという事件が起きた。
今朝見たテレビでは「あぜん」というテロップを出し、車掌の行動を批難する論調に終始していた。それを見ていたオレはなんかそれはおかしいのでは?と思ったのでTwitterを開いてみたところ、車掌がかわいそうというオレと同じ意見ばかりだった。

いつもの鹿苑式論法でいくと、今回の件で一番悪いのは誰かと聞かれると「三波春夫」という答えになる。
だいたい列車遅延は駅にいる車掌にはなんの責任もないわけで、ましてやどんなにその人相手に苦情を言おうと暴言を吐こうと何一つ状況は改善しないのだが、その横柄を許しているのは「お客様は神様です。金さえ払っていればどんなわがままを言ってもいい」という思想に他ならない。
今回の事件がその風潮を考え直す問題提起になってくれれば車掌の行動も無駄ではなくなるが、社員を守るべき近鉄が「駅係員が鉄道事業者として不適切な行動を引き起こしたことは誠に遺憾。心よりおわびする」などとあさっての方向のコメントを出していることから見てもあまり期待できなさそうだ。
0

2016/9/19 | 投稿者: 鹿苑院

久能山東照宮で冷たい抹茶をいただいた。お湯でなく冷たい水で点てた抹茶を飲むのは初めてではないが、殊更に美味く感じた。何度か書いているように特異体質なのか抹茶の味をあまり感じないのだけど、この時だけはまともに感じることができた。従って、今まで飲んだ抹茶で一番美味い抹茶になった。

茶道では夏は茶の温度が早く下がるように平茶碗、夏茶碗と呼ばれる浅い茶碗を使う。茶道をディスる気はまったくないが、オレは茶道業界の人間でもないので自由に書いてしまうけど、そこまで配慮するならぬるい茶を出すよりもいっそ冷たい水で茶を点てた方が客にはうれしいのではないか。
「そんなの邪道だ!」とちゃんと茶道をやっている人は言うだろうけど、客がより美味しいと感じるものを出すのがもてなしなんじゃないかなあとごく無責任に思う。
0

2016/9/18 | 投稿者: 鹿苑院

徳川家康公の遺骸は最初久能山に埋葬され、1周忌に日光に移されたというのが定説なのだが、久能山東照宮の主張ではそうではなく今も遺骸は久能山にあるという。その詳細がこちら。

こうなると発掘調査でもしない限りわからなくなってくるな。オレはやっぱり定説通りに日光説を支持するけど、久能山の主張も相当に説得力がある。
0

2016/9/15 | 投稿者: 鹿苑院

普段木曜日は休診日なのだが、今日は全員出勤。何をするかというと、外部から経営コンサルタントを呼んで労働形態の改革案を話し合う。外部の経営コンサルタントというのは所詮はそこで働かない人なので、彼らが出す案というのは実行すればお客さんは喜ぶだろうが従業員の負担・疲弊には無頓着ということが珍しくない。

日本人らしいといえばらしいのだが、コンサルタントが出す案に対してうちのスタッフたちは困ったような愛想笑いを浮かべるだけで、正面から疑義をぶつけたのはオレだけだった。オレも日本人のはずなのだがこういう同胞の特性が理解できないままここまで来た。

一方的に「こうすることに決めましたからこうしてください」と独裁的に押し付けるのならわざわざ休日出勤させて話し合いをしなくてもいいはずで、ということはこの改革は民主主義で行うつもりということになる。
意見を衝突させてブラッシュアップしてより良い妥協点を見付けるのが民主主義なのに、日本人には他者との衝突を避けようとする人が多い。では自分の意見を言わない代わりに決まったことには必ず従う覚悟があるのかといえばそうでもなく、改革案の施行後しばらくして「私はついていけないので辞めます」と辞表を出すのが火を見るよりも明らかである(そうやってスタッフが大量離脱した歯科医院をいくつも見てきたし話にも聞いてきた)。

「辞めます」というスタッフたちに言いたい。その改革が検討されていた時、あなたは何をしていたのだ? 阻止するチャンスはちゃんと与えられていたではないか。その大事な時に愛想笑いだけ浮かべて何もせず、決まった後で文句を言うとは何事か。そんなことでは民主主義の構成員としても独裁体制の臣民としても失格である。

ちなみにオレは普段はファシストに片足を突っ込んだような考え方でいるのに、意見を出して戦わせるというまるで民主主義者のような振る舞いをしてしまった。反省している。
0

2016/9/15 | 投稿者: 鹿苑院



気概に満ちた力強い歌だ。
0

2016/9/11 | 投稿者: 鹿苑院

『真田丸』での関ヶ原の戦の扱いにはびっくりした。直接描かれず、佐助の報告だけで終わりである。これに関してはおおむね好意的な評価で、「そりゃ真田家は関ヶ原に直接参戦してないんだからこうするのがリアルだし、斬新で素晴らしい」という声が多いようだ。

しかし思い出してほしい。去年の『花燃ゆ』での桜田門外の変の扱い方を、世間はどう評したか。井伊直弼の妻が彼を屋敷から送り出してしばらくすると彼女の耳に銃声が聞こえ、「旦那様!」と叫んで飛び出すと椿の花がポトンと落ちる──というそれだけだった。
なめてんのか!と批難轟々だったが、井伊直弼は兄の仇とはいえ桜田門外の変そのものは主人公に直接関係ないしむろん現場に居合わせてもいない。『真田丸』の関ヶ原がリアルだというのなら、『花燃ゆ』の関ヶ原もリアルだったのだ。

同じことをやっても、日頃からの評価の差によって好意的に評価されることもあれば悪意に受け止められることもあるというのは、今さら語るまでもない世の習いではあるけれど…。
0




AutoPage最新お知らせ