2015/11/9 | 投稿者: 鹿苑院

徳川家康が亡くなる時、藤堂高虎は来世でも家康に仕えたいからといって日蓮宗から天台宗に改宗した。
天台宗というのがギリギリのラインだったろう。徳川家は本来浄土宗だが、浄土宗と日蓮宗では正反対、水と油の関係である。家康は晩年、天海僧正との接近で天台宗に片足突っ込んだ形になっていたので、高虎の改宗は天台宗でも良かったわけである。

天台宗と日蓮宗なら法華経という分母で繋がる。日蓮の書いた法華曼荼羅にも伝教大師最澄の名が載っている。
天台宗は元々、法華経を根本経典とする宗派だったが、真言宗とのライバル関係で鎬を削り合ううちに密教色を強め、法華経はどこか忘れられたような形になっていた。法華経に還れ!と主張する人物がやがて出てくるのは必然だったが、そうして現れた日蓮は行き過ぎていて、法華経以外認めないと言い出したのだからたちまち比叡山からも敵視されるようになってしまった。つまり天台宗においては法華経はナンバーワンだったのに、日蓮宗ではオンリーワンになってしまった。
なお、司馬遼太郎は「法華経はアクの強いところが無い穏やかなお経なのに、あれをどう読んでも日蓮に繋がらない」という旨のことを書いている。現に天台宗と日蓮宗もあまり似ていない。
0

2015/11/8 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します

以前にも載せた、我が地元のこの大日如来さんが五郎丸選手のポーズにそっくりだというので参拝客が増えているらしい。普通の大日如来はこんな姿をしていないので、ここだけなのだろう。
0

2015/11/6 | 投稿者: 鹿苑院

パリ講和会議での日本による人種差別撤廃提案がアメリカの反対によって却下されたことは前項に書いた。その反対の論拠はまとめて言えば「白人を中心とした世界秩序を乱すべきではない」というものだった。
このアメリカの言い草が理解できない、許せないと思うかもしれないが、それは人種差別は悪いことだと我々が生まれた時から刷り込まれているからに過ぎない。白人が最も偉いという価値観を生まれた時から刷り込まれていたら人種差別撤廃などとんでもないという思考回路に当然なる。

秩序というものは人間になんらかの尺度で順位をつけることで成立する。当然ながら人間に順位をつけることは差別に直結しやすい。

アメリカ(当時)の人種差別肯定がまだどうしても納得できないというなら、別の差別に置き換えて考えればいい。例えばオレは年齢による差別を否定しているが、「年長者や先輩を敬わないのはけしからん」という人も多くいる。彼らはなにも悪意を持って差別をしようとしているのではなく、年齢による秩序を守るべきだという正義感から言っているのだ。
おわかりだろう、自分が加担していない差別は極悪非道に見えるが、自分が加担している差別なら正しい秩序に見えるものなのだ。

ついでながら、「アニメオタクは犯罪者予備軍。犯罪を犯す前に取り締まれ」とほざく人間(例えば大谷昭宏)がこういう差別発言をしてもテレビ降板に追い込まれずジャーナリスト生命も絶たれないのは、これが差別ではなく秩序を守るための正しい発言だと思う視聴者が(一頃より随分減ったとはいえ)少なからずいるからに他ならない。
0

2015/11/5 | 投稿者: 鹿苑院

「海の向こうのメリケンちゅう国は生まれや身分に関わりなく誰でも能力次第でどんな生き方でも選べる夢のような国じゃ」
幕末物のドラマや小説では坂本龍馬をはじめ主に維新志士側でこういうセリフがよく出てくる。しかし、現代ならいざ知らず、当時のアメリカではこれに「白人ならば」というただし書きが付く。

アメリカ独立宣言には「全ての人間は平等に造られている」と書いてあるが、少なくとも初期のアメリカではその「人間」の範疇に有色人種は入っていなかったことは明白である。だからインディアンは虐殺されて土地を奪われたし、黒人は奴隷にされた。そればかりか白人の間でもイタリア系は差別されていたりと、まさにアメリカは「人種差別の国」であった。
パリ講和会議で日本が人種差別撤廃を提案した時(世界的な会議の場で人種差別撤廃が提案されたのはこれが初めて)も、アメリカの強硬な反対で却下されている。

冒頭で「現代ならいざ知らず」と書いたが、本当に現代のアメリカに人種差別が無いのかと言われたら極めて怪しい。少なくとももし龍馬が渡米していたらガッカリして日本に帰ってきたのではなかろうか。
0

2015/11/4 | 投稿者: 鹿苑院

昨日のアクセス数531って…。

いつもは20がいいところのこのブログがどうしたんだろうな、どっかに転載されてんのかな?
誰か詳細教えてくれ。
悪意を持った転載じゃなきゃいいんだけどね。
0

2015/11/3 | 投稿者: 鹿苑院

文化の日は明治天皇の誕生日である。

以前、大学に勤めていた頃、講座に出入りしていた開業医の先生と酒席を共にしたことがあった。折りしも韓国の無礼な態度が目に余る時期で、その話題から始まり、国家観・歴史観が似ていたのでその先生がオレに握手を求めてきたほどだ。

しかし、一つだけその先生とオレとで歴史観が違う点があった。その先生は南朝を正統な皇室と考えていたが、オレは北朝を正統だと思っているのだ。
さらにはその先生は、明治天皇は維新の時に南朝の血を引く長州藩士にすり替えられたという「明治天皇替え玉論」を信じていた。オレはこれはまったくのトンデモ論だと思っている。

この話、根拠とされるものが「少年時代の明治天皇の写真はひ弱で臆病そうなのに、壮年期の写真は堂々として威厳に満ちている」というくらいしかない。普通に考えてそんなもん根拠薄弱もいい所だろう。2枚の写真がまったく別人に見えるというのはまったく珍しくない。ましてや年月の隔たりもあって成長というプロセスを挟んでいるのだ。

明治天皇は北朝の血を引く、孝明天皇の実子。なんの疑義を差し挟むこともない。
0

2015/11/2 | 投稿者: 鹿苑院

クロロホルムを染み込ませたハンカチでターゲットの鼻と口をふさぐと一瞬で気を失う──サスペンスドラマでよく見る描写だが、これがウソであることは歯医者にはすぐにわかる。なにしろ毎日のように患者の口の中にクロロホルムを入れているが、今までそれで失神した人は一人もいない。
実際にクロロホルムのハンカチで気を失おうと思ったら鼻と口をふさがれたまま5分以上深呼吸をしないといけないらしい。

サスペンスでよく使われる薬物といえば青酸カリもあるが、これを飲食物に混ぜて人に飲ませるのも無理があるようだ。かなり強烈な味がある上に口腔粘膜に触れると痛むので、気が付かずに飲み込んでしまうことなどありえない。

サスペンスはあくまでも虚構のドラマ。現実にはそうそう簡単に悪用できる薬物は存在しないということだ。安心安心。
0

2015/11/2 | 投稿者: 鹿苑院



当時新日マットで猛威を振るっていた小川をムタが迎え撃った試合。新日ファンには実に溜飲が下がる結末になっている。
0

2015/11/1 | 投稿者: 鹿苑院

カイコの幼虫を見た時、気持ち悪い等の感覚はまったく湧かなかった。モスラ幼虫にそっくりだと思うと可愛くさえ思えて、指で頭を撫でたぐらいだ。

カイコは地球で唯一の、「完全に家畜化された動物」である。野生に戻ったとしても生活する能力をもはや完全に失っている。足の筋肉が退化しているため野外の桑の木に置いてやってもすぐ落ちてしまい、鳥の餌になるのがオチなのだ。成虫もやはり羽を動かす筋肉の退化により飛ぶことはできない。ゴジラと戦うのは到底不可能である。
0




AutoPage最新お知らせ