2015/10/11 | 投稿者: 鹿苑院

ユネスコが南京大虐殺を世界記憶遺産に登録した。
ユネスコは国連の機関であり、国連は日本では「国際連合」というややいびつな訳語にされているが、本当は「連合国」に他ならない。第二次世界大戦に勝利した連合国が今も世界を支配しているのだ。
だから軍門に降った形の日本やドイツはいまだに旧敵国条項の対象にされており、日中が揉めたら国連が中国の肩を持つのは当たり前といえば当たり前である。

自民党の二階総務会長は徳島市での講演で「お金を出すだけが能ではない。ユネスコが日本が悪いと言うのであれば、日本として『資金はもう協力しない』というくらいのことが言えなければ、どうしようもない。協力の見直しは、当然、考えるべきだ」と発言したというが、まったくの正論である。
なにも松岡洋右のごとく椅子を蹴って国連を脱退せよというのではないが、日本としてユネスコに断固抗議するべきである。
0

2015/10/6 | 投稿者: 鹿苑院

京都大学の研究チームが、水と二酸化炭素から石油を合成することに成功したという。
本当なら世界を揺るがす大発見、人類の救世主と言っても過言ではないが、STAP細胞でガッカリさせられたばっかりだから素直に驚けないのがなんか悲しいなあ。

産油国は打撃を受けるはずだから、その筋から金の匂いを嗅がされた反日マスコミが研究を否定するような記事を書いたり、研究員が謎の不審死を遂げたりしないといいのだが。
0

2015/10/6 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


少年向けの伝記漫画『源頼朝』のワンシーン。富士川の戦で平家軍を撃破した(というか勝手に自滅してくれたのだが)頼朝はこの勢いのまま上洛しようとするが、家臣に関東の地固めを優先すべきことを献策され、素直に聞き入れる。
「この頼朝、正しい意見を聞かぬほどばかではないぞ。」

このシーンはオレの中でとても大切な人生訓にしている。
人間、誰かと意見が衝突した時は途中で自分の方が間違っていることに気が付いても、面子が邪魔したり恥ずかしかったりでなかなか素直に認めることができないものだ。
自分の理論の綻びを糊塗するためにひねり出した理論がもはや誰が聞いても苦しい代物になっているのに気付かずどんどん脱線していく人がいかに多いことか。

オレの意識にはこの頼朝の姿があるので、誰かと意見が衝突しても相手の言い分に理があればあっさり自説を撤回する。「なんと素直な人だ!」と驚かれたこともあるし、そのおかげで正しいことを言っていたはずの向こうが逆に恐縮してしまったこともあるw
0

2015/10/4 | 投稿者: 鹿苑院

城のプラモデルの腕の見せ所は石垣だといわれる。いかに本物の石っぽく見せるかが勝負なのだ。
元々のキットに石垣の溝は付いているがかなり浅くて質感不足なので、城モデラーの間ではこんな感じで小さなドリルで溝を掘りなおすことがよくされている。

オレもダイソーで小さなドリルを買ってやってみたことがあるが、あまりに苦痛なので途中でやめた。なにしろ小さなドリルで繊細に削るのだ。毎日仕事でやってることじゃねえかそれ。なんで趣味でまでそんなことしなきゃいけないんだ。
ドライブラシをかければまあそこそこ見栄えのする出来にはなるので、オレの城モデルはそのレベルが標準となっている。

だからさ、童友社さん、フジミ模型さん、プラムさん、最初から石垣の溝をもっと深くして製造してくれないか?
キャラメルに溝があるのは砂糖が値上がりした時に溝を深くすることで、気付かれにくいように砂糖の使用量を減らすことが目的だという。石垣の溝を最初から深くして製造すれば客も喜ぶしプラスチックの使用量も節約できる。良いことずくめだと思うのだが。
0

2015/10/1 | 投稿者: 鹿苑院

鶴ヶ城(会津若松城)は以前は普通の黒っぽい瓦だったが、江戸時代後期には赤瓦であったことがわかり、それに合わせて改修された。
童友社のプラモデルでは今、黒瓦モデルと赤瓦モデルの両方がラインナップされているが、モデラーならどっちみち無塗装で作ることはあまりなく、リアルさを求めて自分で塗ってしまうものなのであまり関係ないような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します


なお現在の鶴ヶ城の天守には鯱がいる。江戸時代の絵図には鯱が描かれているが明治初期の写真にはなく、本当はあったのかなかったのか不明のままである。
現在の鯱は銀の鯱で、復元工事をした会社が名古屋城の復元もしていた縁から、金の鯱と対になるように銀にしたようだ。史実では鯱があったとしても銀ではなかったろうが、幕末の尾張藩主徳川慶勝と会津藩主松平容保は実の兄弟なので、粋な計らいといえるかもしれない。史実通りの赤瓦と史実にない銀鯱の組み合わせは面白い。
0




AutoPage最新お知らせ