2015/9/28 | 投稿者: 鹿苑院

本来、自分で稼いだ金は法律や公序良俗に反しなければどんな使い方をしても自由だが、清貧でないと何故か世間から後ろ指を指される職業というのが存在する。政治家、公務員、僧侶などが代表例だろうか。たとえば麻生太郎氏が総理大臣だった頃にはバー通いがどうのと散々批判されたが、冷静に考えれば自分で稼いだ金で飲むことには何の問題も無い。
慈善事業者というのもそういう批判を受けやすい職業だろうか。

アグネス・チャン氏を脅迫した中学生が逮捕された。アグネスが奸物なのは否定できない事実だし、若い正義感があれを許せないのは理解できる。
ただ、「慈善活動をしているのに裕福な生活をしているのが許せなかった」という動機はどうなのか。オレも同じような事を思っていた時期もあったが、よく考えれば、貧乏人を支援する者も貧乏人であるべきとするなら双方ともに永久に貧乏のままではないか。むしろ裕福だからこそ余裕を持って慈善活動ができるのだ。もちろんアグネスが本当に慈善活動をやっているかどうかは大いに疑問だけど。

逮捕された中学生は、動機を語るなら「子供のためと唱えながら、チベットやウイグルの子供たちを不幸に落とし入れている自国の政府には何も言わないくせに、日本にまでやってきて現実の子供にはなんら危害を加えていない人々を侮辱するのが許せなかった」というべきだった。アグネスが奸物なのはその点においてであり、慈善活動をしているのに裕福な生活をしているからではない。
あるいはそう供述していても腐れマスコミの「報道しない自由」で隠蔽されているのかもしれないが。

あと、アグネス殺害予告だとすぐに逮捕されたのに、首相官邸や国会議事堂にまで押しかけて「安倍死ね、殺せ、叩き斬る」と大々的に安倍殺害予告を吠えていた連中はなぜ逮捕されないばかりか民主主義のために戦った英雄扱いまでされているのだろう?
0

2015/9/28 | 投稿者: 鹿苑院

毛利元就は浄土真宗を信仰していた。ただ、その念仏習慣がややイレギュラーで、朝日を拝んで十回念仏をしていたという。あまつさえそれをやれば武運長久とか身体健康とかのご利益があると考えていた節がある。

阿弥陀如来は西方におわすので朝日より夕日を拝む方が合理的な気がするし、実際その作法は四天王寺に昔からある。しかし朝日というのは他に聞いたことがない。十回という数を決めて念仏するのは浄土宗などにはあるが真宗は数にこだわらない。現世利益に至っては真宗では素っ気無いほどこれを説かない。

元就にこの習慣を教えたのは養育してくれた杉の大方らしいが、杉の大方は誰からこれを教えられたのだろう。どうも本願寺系の正統な教えを受け継いだ僧侶ではないような気がする。浄土真宗をベースに民間信仰が混じったものと言った方が正しそうだし、当時のことだからそういうのを説いて歩く旅の坊さんもいたことだろう。

なお萩にある毛利家の菩提寺・東光寺は黄檗宗である。三代藩主・毛利吉就が黄檗宗に帰依したのがその始まりというから、この時に浄土真宗から改宗したのだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ