2015/9/3 | 投稿者: 鹿苑院

第二次世界大戦を題材にしたゲーム、「大戦略」シリーズでは兵器開発も楽しみの一つである。日本軍の爆撃機を最後まで進化させると「富嶽」になるが、これはゲームオリジナルではなく本当に計画されていた。

日本を飛び立ち太平洋を横断してアメリカ本土を爆撃、そのまま大西洋を横断してドイツで補給を受け、再び逆のコースでアメリカを再攻撃しながら戻ってくるか、またはソ連を爆撃しつつ世界を一周すると言う壮大な計画であった。
当時では日本はおろかアメリカの技術力・工業力でも手に余る規模の機体であり、最大の支援者であった東条英機首相の辞職もあって、この戦争には間に合わないとして開発中止になった。
0




AutoPage最新お知らせ