2015/5/31 | 投稿者: 鹿苑院

「茶道」といえば抹茶を使うそれを指すのが普通だが、明治・大正の限られた期間においては煎茶道がその地位にあった。夏目漱石の「草枕」に煎茶道の描写があるのはそのせいである。なぜその時期に煎茶道がそこまで栄えたのかというと、幕末の勤王の志士が抹茶道を大名文化の物とみなし、それに対抗して煎茶道をたしなんだため、薩長が幕府に取って代わると煎茶道も抹茶道に取って代わったわけだ。
つまり、「抹茶道=佐幕、煎茶道=勤王」という図式は確かにある。佐幕派の煎茶愛好家としてはまことにつらいところだ。まあオレがやっているのは煎茶道などというしっかりしたものではなくただの喫茶なので気にする必要はまったく無いといえば無いが。

しかし、煎茶道の歴史をその黎明期まで遡るとどうにか徳川家との接点が出てくる。「煎茶家系譜」の初代に石川丈山の名があるが、彼は譜代の三河武士である。家康に近侍して駿府城の火事の際には水戸頼房を助け出しているが、大坂夏の陣で抜け駆けしたため叱責され、致仕している。
その後一時期、芸州浅野家に仕えたりもしているが晩年は京に退隠し、文人としての活動で名を上げた。なお武者小路千家の官休庵は丈山が浅野家を辞めた時に「もう宮仕えをしない」と意味で名付けたものである。

丈山は漢詩、書道、作庭においても巨人であり、マルチな才能の文人であったと言える。同時代の小堀遠州に似た印象を受ける。煎茶を喫する時、この人物に思いを馳せながら飲んでみるのもいい。
2

2015/5/26 | 投稿者: 鹿苑院

日本神話で有名な「海幸彦と山幸彦」の兄弟喧嘩に勝った弟の山幸彦は孫に神武天皇を持ち、大和族の祖となった。では兄の海幸彦はというと薩摩の隼人族の祖となった。海幸彦は兄弟喧嘩に負けてギブアップしているので、これにより隼人族は大和族に臣従する立場になったと古事記は説明する。

島津時代以来今に至るまで、薩摩出身の男性は薩摩隼人を称するが、ただしこれは海幸彦の子孫の民族としての隼人族とは必ずしも一致しない。歴史の中のどこかで大和族が薩摩に入植したはずで、厳密にどの民族かで言えばおそらくは島津の殿様も西郷どんも大久保さんも大和族ということになるはずである(島津家自体が公式見解として初代忠久を源頼朝の落胤=大和族と主張している)。
海幸彦の子孫の、本来の意味での薩摩隼人がどこに行ってしまったのかはわからないが、おそらくは大和族との混血が進んで純粋な隼人族は自然消滅に近い状態になっているのではないか。中国でも漢族との混血が進んで満州族が消滅しかけているが、それと似た形である。

まあ「薩摩隼人」という言葉はもはや民族名ではなくなり、イデオロギーの名前になったわけだ。明治維新で薩摩は日本を支配することに成功したのだが、これを指して海幸彦の逆襲とはおそらく呼べまい。
0

2015/5/25 | 投稿者: 鹿苑院

ウルトラマンメビウスの地球での最初の闘いの直後、彼に浴びせられたのは地球人(リュウ)の罵声だった。
「馬鹿野郎! なんて下手くそな闘い方だ! 周りをよく見てみろ、おまえは何も守れちゃいねえ!」
リュウの言葉通り、ディノゾールを倒せはしたが街は焼け野原になっていた。記念すべき第1話の戦勝後に地球人から罵声を浴びせられたのは歴代ウルトラマンでメビウスだけだろう(多分)。

安倍政権の推し進める防衛力の拡大に頑強に反対する人々がいる。中日新聞などは性懲りもなく、「武器はいやだ」と言って雛人形から刀を抜き取った婆さんの話などをさも美談のように載せていた。これは美談でもなんでもなく滑稽の範疇に入ることだと思うが。

「平和憲法を大切にしていることが相手国に伝われば攻められることなど絶対にない」という少女漫画的メルヘン世界の言い草は論外として(新聞紙はだいたいそんなことしか書いていないが)、もう少しだけまともなやつになると「米軍と協力すれば現在の自衛隊の力でも中国軍に勝てる」と言う。
まあそれは事実かもしれない。中国軍を撤退させることはできるかもしれないし、軍略上の勝利を手にすることはできるだろう。ただし彼らは重要なことを見落としている。中国軍を撃退して日本の勝利となっても、日本中が焼け野原で死者行方不明者多数では困るということを。

仮に中国が攻めてきた場合、銃後の一般市民の誰一人として殺されることも傷付けられることも強姦されることも財産を奪われることもあってはならず、そのためには人家のある所を戦場としてはならないので、一兵も東シナ海を渡らせないというぐらいに余裕綽々、片腕だけで中国軍を一捻りできるほどの防衛力がなければならない。雛人形から刀狩をしている場合ではないのだ。件の婆さんは、自分の安全な生活が自分の嫌いな武器を持った自衛隊の手で守られていることをまったくわかっていない。
0

2015/5/24 | 投稿者: 鹿苑院

二回分ほどのお試しサイズの朝宮茶を手に入れた。伝教大師が唐から持ち帰った種を蒔いたことに始まるこの近江の茶は、日本最古の茶でもある。朝宮茶に合わせて作られ、発達したのが信楽焼だから、オレの愛用の急須はやっと正タッグパートナーに会えたことになる。

苦味や渋味が強く、苦手な人も多いと聞いていたが、良いロットに当たったのかむしろ甘く旨い。その割には飲み口がさらさらとしていてくどくない。こういう茶なら定番にしたい。
0

2015/5/22 | 投稿者: 鹿苑院

集団的自衛権を巡る国会答弁で日本共産党の志位委員長が「日本の過去の戦争が間違った戦争だったとの認識はあるか」と何度もしつこく聞いたらしい。安倍首相ははぐらかすような答えしかしなかったそうだが、議論の本筋とはずれた質問なのだから当然まともに答える義理はない。
個人的にはこのおっさんが沖縄で「オスプレイは帰れ」と演説しているのを見て、正体見たりと思った。自衛隊による国防にも否定的で米軍も日本から撤退せよということは日本が無防備になることを望んでいるに他ならず、何のためにそんなことを言っているのかと考えればすぐに同じ共産党と名が付く政党が独裁している超大国が周辺に侵略をしている事実に辿り着く。そして彼はそちらの軍拡には一言の文句も言わない。

民主党の凋落で、共産党の人気が高まっているというがとんでもないことだ。白鳥警部射殺事件や大須騒擾事件、阪神教育事件など数々の事件に日本共産党が関与したことを知らなければいけない。警視庁は今でもこの党をマークしているぐらいだ。

むしろ志位委員長に聞きたい。
「中国の現在の各地への侵略が間違っているという認識はあるか」と。
0

2015/5/21 | 投稿者: 鹿苑院

会津藩に限らず、朝敵かどうかを論じるには形式的にという意味なのかイデオロギー的にという意味なのかの区別がまず必要になる。前者なら実際に会津藩は朝敵指定を受けて討伐を受けているので議論の余地なく朝敵と言わざるを得ない。

イデオロギー的にという意味での議論をするのなら、会津は朝敵ではないと主張する人々は「松平容保は孝明天皇から信任されて御宸翰まで賜っているから」ということを根拠とする。
それは事実だし、孝明天皇の崩御の後で幼少の明治天皇を担いで西郷隆盛や大久保利通や岩倉具視が悪辣な陰謀を巡らした結果、薩長が官軍、会津が朝敵になってしまったことも事実である。

ただ、孝明天皇の信任が篤かったということは残念ながら朝敵ではない根拠にはできない。長州藩だって馬関海峡の攘夷実行で孝明天皇からお褒めの言葉を賜っているが八月十八日の政変で朝敵になっているし、もっと古い話で良ければ足利尊氏も鎌倉幕府を倒した時は後醍醐天皇から褒められているがその後朝敵になっていることは周知の事実である。
過去に天皇から信任された、褒められたというだけのことではその後に朝敵になった事実を帳消しにできるものではない。

だから、会津藩が朝敵かどうかと言われたら朝敵だという結論になる。ただし前述のようにかなり不当な悪辣な手を使われてそうなったのであって、そんなことで官軍か賊軍かということはガラッと変わってしまうものでもある。なので、朝敵になったからってそんなに不名誉なことでもなく大騒ぎするほどのことでもないと思える。
0

2015/5/18 | 投稿者: 鹿苑院

橋下だの維新の会だのには「胡散臭い」という以上の感想は持っていないので、大阪都構想もどこか白い眼で見ていた。橋下政界引退のニュースも喜ばしい気持ちで聞いた。
しかし、都構想が否決されたことへのネット民の反応がほとんど、「これで大阪は破綻する」というような書き込みばかりなので意外だった。維新の会を支持しているのは新聞とテレビニュースとワイドショーしか情報源のない層がほとんどだと思っていたからだ。

ともあれ、オレは都構想を支持していなかった側なのだけど、味方のはずの反対票を投じた人がテレビのインタビューで言っていたことがこれまた気に入らなかった。
「政策についてどうのというのは特に無いんやけど、大阪市がなくなるのは寂しいから反対にした」という。
およそ真面目に調べもしていなければ考えもしていないのがまるわかりで、こういう人間にも選挙権があるという事実。
主権在民の意味を何回説明されても理解せず、「政策のことはよくわからん。難しいことは政治家に任せとけばいい」といいかげんに判断する有権者。
やっぱりこの国に民主主義は向いていない。日本にはいっそ独裁者が必要であるとまで言ったら暴論か。
0

2015/5/17 | 投稿者: 鹿苑院

航海遠略策を献策した長井雅楽は、同じ長州藩の久坂玄瑞・高杉晋作ら松下村塾出身者と対立していたので彼らからは奸物呼ばわりされていたが、何かの小説で(司馬遼太郎の「十一番目の志士」だったような気がするが自信はない)彼らと親しい坂本龍馬が「長井の言う通りじゃないか」と心の中で思うシーンがある。その通り、航海遠略策は現実的な素晴らしい提案であったと言える。

航海遠略策はごく簡単に言えば、「鎖国攘夷なんて不可能だから公武合体のうえ開国し、欧米の知識を吸収して日本の国力を上げ、欧米列強に対抗しよう」というもの。
注目すべきはその中で「鎖国なんて島原の乱以降に幕府が決めたもので、日本古来の法じゃない」と正しい指摘をしていることである。今でこそそのことは小学校の教科書にも載っている当たり前の事実だが、当時の多くの日本人は鎖国は天照大神が定めたと思い込み、ゆえに破ってはならぬと考えていた(だから尊王と攘夷が結び付いた)。

長州藩内で尊攘派が台頭すると長井は失脚し切腹させられたが、現実的には明治以降・昭和の敗戦までの日本の対外政策は長井の考えた通りになっている。
0

2015/5/15 | 投稿者: 鹿苑院

「へうげもの」の作者はおそらく明智光秀のファンなのだろう。作中で屈指の清廉無私な人物である。
謀反の決意を家臣団に打ち明けた時の斎藤利三の涙、山陰街道を折れて京へ向かう時に流れる「昭和ブルース」、山崎の敗戦後に逃げ込んだ城での桔梗の花と白石の箸置きの最後の晩餐、そして最期のシーンと辞世の句…。この辞世の句は後に物語に大きな影響を与えることになる。
光秀と天海が同一人物であるとする説は「へうげもの」では採らないが、巧みに感動的な形でこの両者を関係させている点も上手い。

作中では徳川家康は光秀に次ぐ真面目な人物で、光秀の信奉者であり(ただし本能寺の共謀者ではない)、彼が夢見た「清廉の世」を受け継ぎ目指す。家康を腹黒い狸親父にしない作品は最近では珍しいが、家康が光秀に好意を持っていたのはどうやら本当のことらしい。


本能寺へ兵を進める時に流れる「昭和ブルース」を味わってみよう。光秀の心情をよく表していると思う。

生まれた時が悪いのか それとも俺が悪いのか 何もしないで生きてゆくなら それはたやすいことだけど
0

2015/5/14 | 投稿者: 鹿苑院

4月29日に行われた石井智宏vs真壁刀義のNEVER無差別級タイトルマッチは、昭和の日にふさわしい、まさに昭和の武骨なプロレスだった。この二人だからできる男くさいゴツゴツした試合。勝った真壁がマイクを持って叫んだ「これがプロレスだろ!」がすべてを語っている。
石井は天龍の弟子でもあるので、この試合の前日に亡くなった阿修羅・原さんと満更無縁でもない。きっと阿修羅もこの試合を観て満足しているだろう、そう思いながら観戦した。
0




AutoPage最新お知らせ