2015/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

過去ログ『品種茶の愉しみ』の続編。

在来種という選択肢がある。品種の概念ができる前の、日本に古来からある茶。
年配の人はこれを飲むと「ああ、昔のお茶はこんな味だったなあ」という感想を持つらしく、これに比べると今のお茶(やぶきた)はマイルド過ぎて味も香りも薄いらしい。
オレは物心付いた時にはやぶきた一強時代になっているので懐かしいと思うことはなく、むしろ新鮮な気持ちで飲む。

在来種と一口に言っても、その地に昔からあり数百年も独自に受け継がれてきた茶のことなので例えば宇治の在来種と静岡の在来種では違う。
今回は宇治からお試しパックを取り寄せて飲んでみたが、とても旨かった。大袈裟を承知で言うなら今まで飲んだ茶の中で一番旨かった。もはやカルチャーショックの領域。こんなに濃く旨い茶があったのかと驚いたし、理想とする味に極めて近い。理論上、宇治の在来種なら東山殿や利休居士が飲んでいたものと同じ筈で、そのあたりの歴史ロマンも味の一つと言える。
0

2015/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

31歳になった。ここ数年は誕生日になるとFacebookでメッセージが寄せられるのが恒例行事になっているが、あれはオレにはつらい。他の人の時よりもはるかに少ない数しかもらえないので、オレって人望ないんだなと実感することになる。まあFacebook始める前からそれは知ってたので今更と言えば今更だけど。

30歳の1年間は本当に大変な1年間だった。苦労の連続だったがその大半がオレには罪がない、いわば馬鹿馬鹿しいとしか思えない苦労で、同じ年代の仲間はこういう馬鹿げた苦労はしていないだろうと思うとますます腹立たしい思いに駆られた。

昨日の仕事からの帰路、車の中でiPhoneのシャッフルで曲を流していると、どういう偶然か林原めぐみ閣下の「Thirty」が巡ってきた。30歳最後の日に聴くこの曲はいつもより心に沁みた。
0




AutoPage最新お知らせ