2015/4/9 | 投稿者: 鹿苑院

信州大学の学長が、入学式の挨拶で「スマホやめますか? 信大生やめますか?」という演説をぶったらしい。
確かにスマホばっかりやってるやつは見苦しいけど、やめろとまで言うのは極論ではないか。「スマホ中毒にならないようにうまく使いましょう」という程度でいい。

どうも根底には年寄りの新し物嫌いがあってこういう発言になったような感じがする。
橋下徹、ホリエモン、アグネス・チャンのように、年齢に関わらず「自分にとって不要=社会にとって不要」だと思い込んでいる奴は少なからずいるけど、年寄りがよく言う「昔は○○なんて無かったけどみんなちゃんとやれてた。だから○○なんて無くていい」という愚かな理論にはうんざりする。

自分がその理論で新しい物を拒否しても、それが世の中から消えてなくなるわけではない。むしろ自分以外の人間はそれを便利に使いこなしていくのだ。
上記の理論を振りかざす年寄りには、オレはこう聞いてみたい。
「○○は昔にはなくても、変化に付いていけない者は衰退するという法則は昔からあったんじゃないですか?」と。
これが間違いだと思うなら、武田はなぜ長篠で負けたのかを考えてみるといい。

だから、信州大学の学長さんに一言言うとしたら、もっと歴史を勉強なさったらいかがですか、これに尽きる。
0




AutoPage最新お知らせ