2015/1/30 | 投稿者: 鹿苑院

これが前田利長。

クリックすると元のサイズで表示します


これが平資盛。

クリックすると元のサイズで表示します


なぜまったく同じなのだろう? この肖像画は所蔵している所も違うというのに。
前に吉田松陰役に高杉晋作のイメージが強い伊勢谷友介を使うことへの不平を書いたが、この二人で同じ役者を使うのならもう何も文句が言えない。むしろ同じ役者でないとおかしい。
0

2015/1/29 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


ヨーロッパのおとぎ話によく登場するロバ。東洋でもポピュラーなもので中国では古くから飼育されている。吉川英治の「三国志」では初期の劉備はロバに乗っていた。

にも関わらず、中国から多大な影響を受けてきた日本ではロバがまったく普及しなかった。日本書紀に伝来した記録があるから大陸からもたらされなかったわけではない。飼育しづらいわけでもない。むしろ熱さ寒さに強く、餌は少なくてよく、力は強いので家畜としてはもってこいと言える。ロバが日本で居場所を得なかったのは「日本畜産史の謎」とすら言われている。

なお西洋ではロバは愚か者というイメージを与えられていることが多いようだ。イスラム社会でも異教徒を迫害する時には「ロバ以外の動物に乗ってはいけない」とまるでロバを蔑視している。記憶力に優れる賢い動物なのに不当に可哀想な扱いである。
0

2015/1/28 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


長次郎作・俊寛。
抹茶茶碗というとこういう寸胴の形を思い浮かべる人が多いと思う。しかし古い時代には普通のお碗型で、この形になるのは千利休が楽焼を始めてからではなかろうか。楽焼は元来は「聚楽焼」の略称で、豊臣秀吉の聚楽第にちなむ。利休はまるで茶碗が存在せず茶だけを持っているかと思うほどの軽さを追求したらしく、それが特徴になっている。それだけに割れやすいがそこが盛者必滅を感じさせるところに価値がある…らしい。

利休の孫弟子・小堀遠州になると楽焼をまったく使わなくなる。遠州は武士だが利休は町人なので、楽焼は町人階級の趣味だとして採用しなかった。逆に利休がスポイルした唐・高麗名物に再び価値を与えながら、しかも師・古田織部の路線を受け継いで国焼の監修にも力を入れたのが遠州と言っていい。
利休死後もずっと千家は続いているし今なお茶道の主導的位置にあるので楽焼もまったく廃れず健在ではあるけれど。

個人的にはオレは唐・高麗名物が好きなので、利休よりも遠州に思想が近いかもしれない。あとこのふざけた曲にはまった。このノリ大好き。

0

2015/1/26 | 投稿者: 鹿苑院

動物図鑑が子供の頃の愛読書だったので、タイトルのようなことはよく読んだ。ただ、いかんせんひねくれたガキだったので「遠くの音を聞くため」という答には違和感を覚えた。問いと答が噛み合っていないのではないか?

「あなたはなぜ金持ちなのですか?」という問いに「外車に乗りたいから」は答になっていないだろう。そうなるに至った方法、経緯を聞いているのであって、「経営においてこういうことに気を配っている、取引先とはこういう交渉術で接している」というのが答なのではないか。
そういうわけで「うさぎの耳はなぜ長い?」への問いは「うさぎ特有のDNAのなんたらかんたら…」となるべきではないかと思う。

大学に入ったらそういう答え方を求められる問題が増えて、心の違和感はなくなったが勉強にヒイヒイ言う羽目になった。「遠くの音を聞くため」で済んでいた方が気が楽だった。
0

2015/1/26 | 投稿者: 鹿苑院

背景を梅の枝に変えた。過去ログ辿ってみたら前にもこれにしたことがあるようだが覚えていない。梅が前面に出過ぎていず、ほんのわずかにひっそりとしているのがいい。
以前に桜にしたこともあるが、あれは前面に桜を押し出した、「桜でござい!」と言わんばかりだった。そしてそれが素晴らしかった。

桜は絢爛豪華なのが似合うが、梅は侘び寂びが似合うような気がする。実はteacupブログにはもっと梅花が目立つテンプレートもあるのだけど、あまり気に入らなかった。梅を絢爛に使っているのが趣味に合わないのかもしれない。
0

2015/1/22 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


これはシャルリエブド襲撃事件の原因となった風刺画の一つ。「コーランでは銃弾を防げない」とイスラム教を侮辱している。

クリックすると元のサイズで表示します


これは襲撃されたシャルリエブドを風刺した絵。「シャルリエブドでは銃弾を防げない」。

なんとこの2枚目の絵を描いた16歳はテロ扇動罪で逮捕されたらしい。愚かなことではないか。ただの侮辱でしかないシャルリエブドよりもこちらの方が風刺としてはるかに秀逸だし、これを逮捕するなら百万人デモまでやって訴えた「表現の自由」も所詮は画に描いた餅に過ぎなくなる。フランス人よ、良識を持て。世界はフランスを中心に回っているわけではないぞ。
0

2015/1/20 | 投稿者: 鹿苑院

元中日ドラゴンズ・阪神タイガースの大豊泰昭さんが亡くなった。一番熱狂的にプロ野球を見ていた頃、好きな選手は投手なら今中、打者なら大豊というくらいに好きだった選手。

晩年にはおちょぼ稲荷という神社の参道に小さなお店を出していたが、ここはガキの頃から何十回も通った場所。大豊さんが名古屋からここに移ってきたことを知った時はうれしかった。最も身近に会える有名人であり、気さくに応対してくれた優しい人だった。
「ナゴヤ球場でヤクルトの山部から打ったホームランを球場で見て感動しました」と言ったら、「95年の○○号だな」と即答したので驚いたことがある。

最後にお会いしたのは去年の秋頃だったが、まるで別人のように激痩せして顔も黒ずんでおり、本人曰く「放射線治療で内臓がボロボロ」。正直嫌な予感はあった。おちょぼ稲荷参道が寂しくなる。
0

2015/1/19 | 投稿者: 鹿苑院

二子置きで引き分けにまで持ち込んだ。自己新記録更新。
0

2015/1/19 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


12年前にセンターの点数足らなくて医学部あきらめた身からすると今の受験生がなんともうらやましいな。地域枠だから関係無いといえば無いが。
まあ、歯学部でも入学後の方が受験よりたくさん勉強したけど。
0

2015/1/16 | 投稿者: 鹿苑院



龍角散のこのCM。出演している秋田県知事が佐竹さんなのでもしやと思って調べたらやっぱりあの佐竹家の人だった。秋田藩主佐竹家から秋田県知事が出るのは歴史ファンとしてはなんかうれしい。

そういえば徳川家16代の家達さんを内閣総理大臣に…という話が出たことがあるが、こちらは家達さん自身が「今さら徳川の天下もないでしょう」と辞退したために未遂になった。やってくだされば面白かったのに。
0




AutoPage最新お知らせ