2014/8/30 | 投稿者: 鹿苑院

「『歯を磨いて出てくる血は悪い血だから気にせず出せ』って前診てもらった歯医者さんに言われたんですけど?」という患者さんがよくいる。オレが子供の頃に通っていた歯医者さんも同じことを言っていたので、よく使われている言い回しなのだろう。
ただ、あまり優秀な歯学部生ではなかったオレの記憶ではそんなこと教わってはいない。血液に良いも悪いもないのではないか?

自分なりに解釈してこういうことではないかという結論はある。
まず出血はしないならしないに越したことはない。ただ、歯肉炎は歯茎が腫れてちょっとの刺激ですぐ出血する状態であり、その原因は歯垢である。歯肉炎の状態で歯ブラシを使い歯垢を取り除こうとしたらどうしたって血は出るし、もし出ないとしたらそれは歯ブラシが肝心な所に当たっていないと考えていい。
だから、「血が出ても怯まずに磨いてくださいね」がより正確な言い方なのだけど、そうは言っても怯む人はいるだろうから方便として「悪い血」なる言葉を考えたのではないかと思う。
0

2014/8/29 | 投稿者: 鹿苑院

Twitterで22000RTを達成したおばけツイート。

クリックすると元のサイズで表示します


オレも早速図書館に行って朝日新聞を見てみたが、なんたるダブルスタンダードか。まったく恥ずかしい新聞である。
その恥ずかしい新聞を、あの津川雅彦さんが見事に斬って捨てているが、実に痛快で小気味良い。その寄稿文を転載しよう。


 良くやったぞ、朝日の諸君! しかも謝罪しないのは、左翼らしくてよろしい!

 訂正には謝罪がつきものだと、ガキでも知っている。僕は子供のころから、すぐに謝るタイプだった。「謝って済むなら警察はいらない」と言い返され、「すみません」に「もうしません」を付け加えたほどだ。

 しかし、左翼に「潔さ」は、似つかわしくない。朝日の社長は記者会見もしない。どうか見苦しく逃げ回ってほしい。じゃないと、せっかく落ちた販売部数が元に戻っちゃ、元も子もない

 左翼嫌いの僕にとっては、その「卑怯(ひきょう)」「卑劣」なイメージをキープして、訂正記事を出したことを無駄にしてほしい。

 朝日としては販売部数が落ちて、慌てて慰安婦問題の検証記事を出したのだろう。だが、その訂正は一部に過ぎない。反省の余地が、ごまんとあることは誰でも知っている。朝日を親分として、似たような記事を書いてきた新聞数紙がダンマリを決め込んでいるのも、彼ららしい。このまま一生黙っていることを勧める。

 朝日はイメージダウンの解消に必死なのか、「広島原爆の日」の6日、国民的人気女優を1面トップで扱っていた。「核兵器にノー」を大見出しで、小見出しで「さよなら原発」。記事の終盤で、彼女は「集団自衛権」や「政治」への批判・懸念まで語っていた。朝日が、口にたまった痰(たん)を外に吐き散らかし、その清掃もせず、国民的女優をティッシュがわりにして、自分の口を拭ったとしか思えなかった。

 聞いた話だが、某左翼政党の内部には、彼女の写真がデカデカと貼ってあるらしい。かわいそうに…。有名な左翼の映画監督に洗脳されないかも、心配だ。左翼よ、国民的アイドルまで食い物にするな!

 役者である僕が今回、夕刊フジに原稿を書いたのは、目立ちたい病の一種といわれても仕方ないが、無論、わが国を愛するからだ。本音は、日本映画をダメにした左翼たちの自虐史観が憎いのだ。その先頭で旗を振ってきた朝日も大嫌いだ。

 左翼が嫌いだからと、僕を右翼呼ばわりするのは偏向思考だ。街宣車でがなり立てる、あの右翼と一緒にしないでほしい。わが愛車に日の丸は付けるが、愛国心の発露だ。

 この原稿は役者としての率直素朴な感想に過ぎない。朝日の訂正事件は「左翼の終わりの始まりになる」と僕は信じている。
0

2014/8/28 | 投稿者: 鹿苑院

思うに、茶のような嗜好品は単に味だけでなくその背景にある所縁だとか物語、ロマンも楽しみの一つである。むしろオレはそっちの方を重視する癖すらある。それがある方が面白いし美味しく感じられると思う。
オレは今、自分の定番茶を探しているところなのだが、その線から追求していくとまだどちらも飲んだことがないもののその資格が充分なものが二つある。静岡本山の熟成茶と金沢の加賀棒茶である。

本山の熟成茶は以前に紹介した古茶の代表格である。これの何がロマンがあるのかというと、徳川家康が愛好した茶ということに尽きる。地元では熟成を終えて蔵から出す時にお茶壺道中を真似たお祭りをするらしい。細かいことを言えば家康の時代には煎茶は発明されていないので、家康が飲んだのと同じ味ではあるまいが、そこはまあ気にしない気にしない。これなど商品名だけでオレをKOするに充分である。

加賀棒茶はそんなに歴史は古くなく、昭和天皇の金沢訪問の折に最高のほうじ茶を献上したいと試行錯誤して出来た。アマゾンや楽天のレビューを見るとかなり美味しいらしいので期待して良さそうだ。袋には梅鉢紋が描かれているが上記の通り前田家には関係無い。関係無いが、無責任な連想として加賀百万石のロマンをお茶請け代わりにすることは誰にも批難できまい。

とりあえず、この二つを試してみて余程口に合わないのでもなければMy 定番茶は決定にして良いと思う。煎茶とほうじ茶は別の飲み物なので、並立しても浮気ではない。
0

2014/8/28 | 投稿者: 鹿苑院



ドリーvsテリー。いつもタッグを組んでいる二人がインターナショナル王座を賭けて闘った、たった一度の兄弟対決。アメリカのファンでさえこんな夢のカードは見られなかったわけで、こういうのが実現しちゃうことが当時の日本のプロレス天国と呼ばれた由縁だろう。
0

2014/8/26 | 投稿者: 鹿苑院

そう頻繁に行くことができない某所にて、何種類かの烏龍茶の試飲をさせてもらった。烏龍茶といえばサントリーの茶色のしか思い浮かばなかったが、色も味も香りもいろんなのがあることを知った。

試飲した中では東方美人という銘柄が一番美味しかった。蜜のような甘い香りがするが、なんとこの茶はウンカという害虫が齧った所から発酵が進み、こんな香りになるのだという。虫が齧った不良品になるはずだった葉がそれを付加価値に変えて生き残ったのは面白い。
紅茶に似ているのでイギリス人に愛好されたのが生き残った要因らしい(ダージリンティーもウンカの食害から生まれた)が、個人的にはあまり似ているとは思わなかった。なお名付け親はヴィクトリア女王と俗に言われているが年代が合わない。

東方美人はそこそこ有名なので、某所でなくてもその気になれば近くで買えるような気がしたから今回は買わずにおいた。代わりに試飲できなかった金萱茶というのを買った。説明によればバニラのような甘い香りがするらしいがまだ飲んでいない。

日本と中国・台湾では茶に求めるものが違うそうだ。日本茶は味のおいしさを求めるが、中国茶は香りの良さを求める。なので、日本茶は雑味が出ないように冷ましたぬるめの湯で淹れるといいが、中国茶は香りがよく立つように熱湯を注ぐ。冷ますのが面倒くさい時にはいいかもしれない。
0

2014/8/26 | 投稿者: 鹿苑院

やっと忌まわしい高校野球が終わった。今年の高校野球は、野球部員のためのおにぎりを握ることに専念するために進学コースから普通コースにクラス替えした女子マネージャーが現れて話題になった。アホのマスコミはさも美談のように報道していたが、オレの意見はこの記事とほぼ同じである。

例えば不治の病に侵されていて数年後に間違いなく死ぬというのでもなければ、だいたいの人は高校を卒業してからの人生の方が長い。そしてその人生で甲子園で優勝したということはプロ野球選手になるのでもなければさほど役には立たない。まして選手でなくマネージャーである。どう考えても賢い判断とは思えない。

高校野球擁護派は「そんなの個人の自由じゃないか。赤の他人が文句言うことじゃない」と言う。個人レベルで論じるならそれはまあそうなのだけど、オレたちアンチ高校野球派が言いたいのは、「そもそもそういう選択肢がその子の頭に現実味を帯びて浮かんでしまうような土壌がおかしいんじゃないかな?」ということなのだ。

この件については、このツイートが最も簡潔かつ正確に言い得ているように思う。
クリックすると元のサイズで表示します


なるほど宗教か、と考えれば不思議に高校野球を巡るあれこれが腑に落ちた。
日頃仲がいい相手でも高校野球に関して口喧嘩になればまったく話が平行線のままだった経験があるが、宗教論争ならそりゃいつまでも妥協点が見い出せないはずだし、高校野球のために人生壊す奴も出ればそれを是とする奴も出る。
このツイートへの返事に「じゃあ一生高校野球見るな」と書いている奴がいるが、誰もが見たがっている、見るなと言われると困ることが前提であるかのように書いているのがいかにもカルト宗教的だし、言われなくてもこの深爪さんのようなタイプの人は見ないだろう。信者からすれば高校野球を見ない人間がいることが信じられないのかもしれないが。

「地元代表を応援しようと思わんのか!?」
「あんなに一生懸命頑張っている球児たちを応援しようと思わないのか!?」
「高校球児の汗と涙を見て感動しないのか!?」

……すみません、まったくそんなこと思わないのです。じゃあ逆に聞きますが、イスラム教徒からアラーの素晴らしさを力説されて礼拝を強制されたらあなたやりますか? …なるほど高校野球は宗教です。
0

2014/8/21 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


とても面白くて一気に読んだ。門馬さんの世代だからもちろんジャイアント馬場さんの時代の全日の選手の話題ばかりで、武藤全日本や白石全日本や秋山全日本は関係無い。姉妹品の「新日本プロレス12人の怪人」も読みたくなった。
0

2014/8/21 | 投稿者: 鹿苑院

家で淹れる場合、どっちが得なのだろう?とふと思い付いて計算してみた。

まずは珈琲。
モカやキリマンジャロなどの中級の品種でだいたい100g500円が相場である。一杯淹れるのに要する珈琲豆は7gなので、100÷7=14杯飲めることになる。500÷14=35.7。珈琲一杯で35.7円という結果が出た。

次に日本茶。
良いお茶かそうでないかの境界線はだいたい100g1000円というところなので、その値段で計算してみよう。一杯淹れるのに必要なのは3gなので、100÷3=33杯飲める。1000÷33=30.3。日本茶一杯で30.3円となった。

これだけでも日本茶の方がややお得なのだが、もう一つ重要なポイントがある。珈琲は1回淹れたらその豆はもう使えないが、日本茶の場合2〜3煎は繰り返し使えるので、30.3円を現実的には2か3で割ることができる。となると珈琲の半額以下、3分の1以下である。

これなら100g2000円の高級茶を常飲しても中級レベルの珈琲より安上がりということになる。面白い事実に気が付いてしまった。なお、この計算は日本茶ばかりでなく紅茶でも同じことが言えるだろう。
1

2014/8/20 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


“地獄の大統領”キラー・コワルスキーといえば耳そぎ事件がすぐ思い浮かぶ。ユーコン・エリックとの試合でトップロープからのニー・ドロップによりユーコンの耳をそぎ落としてしまい、ユーコンはショックで自殺、コワルスキーもトラウマにより肉が食えなくなったという20世紀プロレス史を血の色で彩る恐るべきエピソード。
ただ、引退後にこの話を聞いたコワルスキー本人はなんだそりゃと爆笑したという。ああ、またやられた。この有名な話、梶原一騎の創作らしい。

現実にはユーコン・エリックは耳に大怪我はしたものの縫合されてことなきを得た。彼が自殺したのは負傷から何年も後のことで理由は妻の不貞に悩んだため。コワルスキーはこの試合より前からベジタリアンだった。
試合後にコワルスキーがひどいことをしてしまったと悩んでいたら、「あれはアクシデントだよ。俺は気にしちゃいないからおまえも気にするな」とユーコンが真っ先に慰めてくれたために立ち直れたという。創作のスリルに満ちた話も悪くないが、現実のこのユーコン・エリックの優しさは創作以上に感動するいい話じゃないか。
0

2014/8/19 | 投稿者: 鹿苑院

プロ野球は好きだが高校野球は嫌いだと繰り返し言ってきた。高校野球の背景にある非常に根強くかつ汚くしかも独善的な物どもへの批判は前にも書いたので割愛するが、それを差し引いて純粋に試合だけを見てもやっぱり高校野球はつまらんと思う。その理由を今まで上手く言葉にできなかったのだが、Twitterのある書き込みを見てヒントを得て、言葉にすることに成功したのでそれを書きたい。

オレと正反対の意見、つまりプロ野球は嫌いだが高校野球は好きという人は多い。彼らの言い分はいつも一緒で、「プロ野球はちんたらやってるが高校野球は一生懸命やってる感じがいい」という。オレはこの言葉に長年違和感を覚えてきた。プロの方が生活が懸かっているので高校の部活の大会ごときより一生懸命だと思うが、まあ百歩譲って高校野球の方が一生懸命(に見える)としよう。実はそこにこそ高校野球につまらなさを感じる原因があった。

高校野球は開会式で正々堂々と戦うことを誓う。そしてその誓いはだいたい守られる(破るとヒマなマスコミがうるさいから)。
その正々堂々とは例えばこういう場面ではバントとか、要するに定まったセオリーに則って試合することで、奇手を用いない(用いるとヒマなマスコミがうるさいから)。

そこにオレが感じるつまらなさがあった。プロ野球は勝敗に生活が懸かっているので勝つためには苦手な相手との直接対決を避けたり、卑怯な手を使ったりもする。高校野球ファンが「大人は汚い」とプロ野球を嫌うまさにその部分にこそ、オレは「采配の妙」を感じて面白いのだ。正々堂々と正面から掛かれ掛かれと連呼しているだけなので高校野球の監督は素人でも務まるが、プロ野球の監督はそうはいかない。そこが面白い。

三国志の登場人物が関羽や張飛のような正面から正々堂々の豪傑タイプばかりならあんなに面白い物語にはならなかっただろう。諸葛孔明のように計略を駆使する軍師がいるから面白いのだ。

だいたいスポーツなんて正面から正々堂々とやれば体が大きい方が勝つに決まっている。少々汚くても不利な条件を覆して勝つために知恵を搾る者にこそ共感するのだが、高校野球ではそういう存在がそもそも悪とされているので存在する余地がない。だから大味で奥行きがない平面的な試合しかできない。

余談だが、今年の高校野球には超スローボールを投げるピッチャーがいるらしい。「あんなものを許していては世の中をなめた人間になる」と批判したじいさんがヒマなマスコミから袋叩きにされているが、ほとんど憎まれ口なオレの見解を言わせてもらえば、元々高校野球は世の中をなめたガキがやっているものなので何を今更そんな議論をしているのかと不思議に思う。
0




AutoPage最新お知らせ