2013/11/22 | 投稿者: 鹿苑院

城のプラモデルといえば天守閣が不可欠なのだが、実は天守閣が登場したのは戦国時代も後半頃。松永久秀の信貴山城が最初だがこれはプラモにはなっていないので、現在プラモ化されている中では岐阜城が最古の天守閣になる。つまり武田信玄や上杉謙信などは一生天守閣という物を見たことが無かった可能性が高い。そんな戦国前半の、天守閣が無い城のプラモデルがあれば面白いけど、一般受けしないから無理だろうなと思っていた。しかし、やっと時代がオレに追い付いてきたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


三河長篠城のプラモ。長篠の戦のきっかけとなった城である。諸建物の配置は一応決まってはいるが、自分の好きなように変えてオリジナルの城にもできるらしい(本物通りの再現性を重視する派なので個人的にはそういうのは萎えるが)。

こういう通好みの城プラモが増えてくれるとうれしい。特にオレが作ってみたいのは京都二条城である。あの城は幕府の西の牙城として歴史的意義は大きいが、いかんせん天守閣が焼失したせいでプラモ化はされていない。今回、天守閣が無い城でもプラモ化しうるという先例を作ってもらえたのは嬉しい。
1




AutoPage最新お知らせ