2013/11/6 | 投稿者: 鹿苑院

出張で昨夜は遠州掛川に泊まった。掛川といえば山内一豊のイメージが一般的かもしれないが、今川氏滅亡の地だということも印象深い。

せっかくなので地元の美味い物を食べたくて入った居酒屋が大当たりだった。料理も酒も美味く、明智光秀のファンだという店員のお兄さんとの歴史談義にも花が咲いた。

掛川市内には高天神城という城がある。この城を制する者は遠州を制すと言われた要地で、武田と徳川の最大の激戦地帯になった所だ。
店員のお兄さんはその近所の出身らしいが、「あそこには行かない方がいいですよ」と真顔で言う。「え、幽霊でも出るんですか?」と聞けば、また真顔で頷いた。なんでもお祖父さんが高天神城に入ったところ、家で飼っていたアヒルが一晩で全部死んだのだという。
なのでおとなしく掛川城にでも行こうかと思ったが、仕事で遅くなってそんな時間もなかった。したがって掛川の楽しい思い出はこの居酒屋での一夜になった。また掛川に来ることがあったら是非とも寄りたい。満足。
1




AutoPage最新お知らせ