2013/9/18 | 投稿者: 鹿苑院

いつもコーヒーには砂糖なしでミルクだけ入れるんだが、この前気まぐれでブラックコーヒーを買ってみたらそんなに悪くなかった。

外国人は日本の緑茶を見ると、なぜ砂糖やミルクを入れないのか不思議に思うらしい。お茶といえば紅茶のイメージで考えるので砂糖やミルクを入れるのが当然という考え方になるのだ。
一方でコーヒーに関してはそうでもなく、ブラックコーヒーは外国にもある。ただしいわゆるアメリカンコーヒーを飲む場合のことで、しかもブラックの定義はミルクを入れないことのみ。つまり砂糖は入れても「ブラックコーヒー」で通用する。

もちろんエスプレッソのような濃い味のコーヒーは砂糖もミルクもたっぷり入れるのが普通の飲み方である。たまにエスプレッソもブラックで飲んでいる人がいるが、これは日本にしかない現象。いやまあ個人の嗜好だからいいんだけど、苦くないか?
0




AutoPage最新お知らせ