2013/8/22 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


三浦展著「非モテ!―男性受難の時代」、もうすぐ読み終えるが非常に良い本だった。80年代から現在までの社会の変化と非婚・晩婚化の関連を述べている。特に第6章と7章が秀逸で、「男が女を選ぶ時代」から「女が男を選ぶ時代」に変化したこと、その過程で「三高」だの「三低」だのと勝手な言い草で男を品定めし、手前勝手な批判を繰り返してきた女への苦言を呈する形になっている。そして、「男性保護法」を制定しようという結びとなる。

ただ、オレと同じ世代が読めば特に目新しい知識は実は載っていない。「そうそう、わかってらっしゃるね」と頷いて溜飲を下げるための本にしかならない。
だからこそ、シニア世代に読んでほしい本である。自分の生きてきた時代と違って、今の若者はこういう苦労をしているのかと知ることができるだろう。「早く結婚しろ」とつい我が子に言ってしまう親は、これを読んで自分がいかにムチャな要求をしているのか実感してみてほしい(幸いオレは親にそういうことはあまり言われないが)。


本書の内容とは直接関係無いが、この前のショムニを見て思ったこと。
「セクハラはされた方がセクハラだと思ったらセクハラ」なる曖昧で恣意的で一方的な暴論がまかり通っているのは何故か。じゃあ例えば嵐の二宮とオレとでは同じことをしても片や無罪で片や有罪だったりすることになるわけだが、近代法治国家としてそれはおかしいのではないか?
「黒猫を飼っていたら魔女容疑で逮捕。魔女かどうかの判定は近所の人が魔女だと証言したら確定で火炙りになった」と聞いたら現代人は中世ヨーロッパの魔女狩りってずいぶん理不尽だったんだなあと思うが、「『髪切ったね』って言ったらセクハラ容疑。セクハラかどうかは言われた方がセクハラと思ったら確定で処罰された」と聞いたら数百年後の人類は平成のセクハラ狩りってずいぶん理不尽だったんだなあと思うことだろう。
0

2013/8/21 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


かつて仲間で仲良く100窓に住み、腰に火傷の痕を輝かせ、笑顔で目からビームを出し、少年達のスペルコールに答えた星人

なつかしのスペル星人!!あの弱かったスペル星人は2度と帰ってこない!!
(プロレススーパースター列伝の馬場・猪木編のラスト風に読もう)
0

2013/8/20 | 投稿者: 鹿苑院

松江市で「はだしのゲン」の図書館貸し出しが禁止になったことが話題になっている。残虐シーンがあるからというのがその理由で、これがその問題のシーン。

クリックすると元のサイズで表示します


残虐シーンを理由に子供に見せないというのは賛成しない。子供をそうやって無菌状態で育てるのが良いとは思わないからだ。ただ、「はだしのゲン」を読むのを制限することには賛成する。なぜかといえば、あれはウソが多い偏向した反日漫画だからだ。

描かれているような残虐行為は実際にあった。ただ、誰が誰にしたのかということが問題になる。劇中では三光作戦で日本兵が中国人に対してやったとされているのだが、実は本当はこれは中国兵が日本人に対してやったことなのだ。その事件を通州事件という。中国側が南京大虐殺の証拠写真として出してくるものは実はこの通州事件の写真であることが多い(加害者側がぬけぬけと犯行現場の写真を出して被害者面をする盗人猛々しさよ)。日本の歴史教科書も歴史教科書で、あったかどうか議論が別れる南京大虐殺は載せるくせに通州事件のつの字も載せない。

翻訳されて世界何十ヶ国で読まれている名作なのに…と惜しむ論調があるが、こんなウソが何十ヶ国にも拡散されていること自体がとんでもないことである。

作者がつい最近亡くなっており、故人に鞭打つような文を書くのはあまり受け入れられないかもしれないが、亡くなった途端にすべて許して美化する風潮が嫌いなので批判は批判として書かせて頂いた。
3

2013/8/19 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


このツイートが賛否両論を呼んでいる。政治家も公務員の給料下げると言えば支持率が上がるから特に国家公務員はその影響をもろに受けているわけだが、正直間違ってると思う。

正社員での就職や適齢での結婚、マイホームの購入など昔は当たり前だったことが当たり前でなくなったのと同じで、公務員の世界も昔ほど甘くない。仕事はヒマで定時に帰れて土日は必ず休みで毎年給料が上がって…という公務員はほぼ絶滅危惧種である。しかも彼らの場合、そういう昔ながらの姿しか知らない人から「公務員はボーナスなくせ」などと平気で言われるのだからそりゃ腹も立つだろう。

オレも進路探しの時にはそういう間違った認識から国家公務員を考えてみたことがあったが、毎日深夜までの勤務が当たり前、朝は電車で出勤して夜は終電過ぎてるからタクシーで帰るという実態を知ってやめたことがある。特に東京などは官庁のある都心では家賃が高いのでどうしても遠くに住むことになり、タクシー代もかさむわけだが、その救済措置として都心に公務員宿舎を建てたらバカなマスコミが「都心にこの家賃でこの施設! 公務員は甘やかされ過ぎ!」などと報道するものだから結局批判を恐れて誰も入居しないという事態になった。
こんなことが起きていると知れば先の見える優秀な若者は国家公務員になろうとは思わないだろう。国民の無知に付け込んで公務員叩きをするマスコミは、日本の国力を下げて彼らの大好きなK国やC国に有利になるように工作しているとまで言ったら考え過ぎか。
0

2013/8/19 | 投稿者: 鹿苑院

さすが諸葛孔明先生。今の一部の日本人および大手新聞社にも言い聞かせてやってください。小さくて見れない方は画像をクリックすると拡大します。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/8/18 | 投稿者: 鹿苑院

オレは東国武家政権側の人間なので、勤王ではなくあくまで尊王とだけはくれぐれもことわっておくが、映画「終戦のエンペラー」を観てきたこともあり、これまで天皇について自分が勉強してきたことを書いてみたい。

「天皇なんて何もせずのほほんとしてるだけ、養う分だけ税金の無駄」と言う人が団塊の世代を中心に少なからずいる。はっきり言うが不勉強も甚だしい。

日本はアメリカの最大のパートナーとして世界第2位の経済大国になれたし、あなたが夜寝る時には「もしかしたら寝ている間に爆撃されて死ぬかも」と心配することは無いだろう。この恵まれた状態を作ったのは何か。ずばり『外交』である。外交が全部天皇の手柄だと言う気はもちろん無いが、いわゆる「皇室外交」の効能は大きい。

人間の地位という物を偉い順に並べるとこうだ。
皇帝≧法王>国王>大統領>首相。
現代に当てはめると
日本国天皇≧ローマ法王>イギリス国王>アメリカ大統領>各国の首相。

こんな偉い人が各国に赴いて親善に勤めてくるのだから、相手国も日本を軽んじることができない道理である。
またこの図式、天皇を除けばローマ法王もイギリス国王もアメリカ大統領も白人でありキリスト教徒であることに注目してほしい(今のアメリカ大統領は例外的に黒人だが)。もし天皇がいなくなれば名実ともに白人+キリスト教徒専制の世界になる可能性が極めて高い。これは日本のみならず世界のすべての有色人種・非キリスト教徒にとって脅威である。
また、日本で誰が権力を握ってもその上には常に天皇がいるので独裁権力を振るいにくいとか、仮に政府が倒れた場合でも一時的に天皇が政権を預ることができるので無政府状態にはならないという機能もある。これは非常に心強いではないか。
世界最古の家ということで文化的にも世界遺産レベルということも無視できない。

ちなみに、皇室および宮内庁のために国民1人が出している税金は月17円ほどである。これほど重大な価値のある存在のために出す金額としては全然高くないとオレは思う。
0

2013/8/17 | 投稿者: 鹿苑院



10年に1人の逸材。明日のエースは君だ!
0

2013/8/17 | 投稿者: 鹿苑院

日本人は『香り嫌い』が多い。「線香臭い」という不思議な言葉が存在するし、香水もつけただけで顰蹙を買うことがある。「香水臭いぐらいなら汗臭い方がマシ」と信じがたいことを言う人もいるほどだ。線香や香水を作る会社もわざわざ調香士を雇用して研究させてまで悪臭を生産しているわけがないので、よほど粗悪な物を除いて線香や香水が臭いわけがないのだが、この風潮はどこから生まれてくるのだろう。
オレの観察した限りでは、『香り嫌い』の日本人はそれがどんな匂いなのかは関係無く、脊髄反射で「臭い」と言っているだけのように思う。よく嗅いでみたら良い匂いなのか、それとも本当に悪臭なのかはどうでもよく、誰かが臭いと言い出したから臭いというだけの、思考とも呼べない短絡思考。

前置きが長くなったが、ここでは線香や香水の話をしたいのではない。同じ短絡思考の作用で歴史の中で臭くないのに臭いと言われているものが多々ある。例えば満州国、従軍慰安婦、真珠湾攻撃…。
今日は満州国の話をしたい。



中国の政府を正当な順に並べると、中華民国≧満州国>中華人民共和国ではないかと思う。文化大革命で中華文明を否定した毛沢東の国がどうしてぬけぬけと国号に「中華」と冠しているのかがそもそも不可解である。

満州国の執政は清の最後の皇帝・愛新覚羅溥儀である。そして愛新覚羅氏は満州族である。辛亥革命とロシアの介入で混乱した満州の地を清の皇室が日本の援助により取り戻し、「後清」とも呼ぶべき国を建てた──中国史にいくらでも類例があるケースである。現代の中国では満州国のことを「偽満州国」と呼んでいるが、論理的に満州国を否定することができないので苦し紛れにそう呼んでいるのだ。もしそれをできる論理があるとすれば華夷秩序を唱える朱子学くらいのものだが、「うるせえ、漢民族が一番偉いんだ! つべこべ言わず満州族ごときが漢民族様に逆らうな!」などという理論は現代では通用しないことが彼らもわかっているのである。
なお満州における日本の権益は正当な条約に基づくもので、張学良の排日活動は国際法違反と言わざるを得ない。満州事変も張学良の狼藉を取り締まって欲しいとの現地住民の声に応えたもので、帝国主義ゆえの単純な領土欲によるものではない。

終戦ギリギリのタイミングで火事場泥棒的にソ連が日本に宣戦布告、満州国に侵攻し、満州国は滅亡するが、この行動から見てソ連が満州に野望を抱いていたのは明白で、ソ連に対して関東軍が抱いていた危機感は正しかったことがわかる。
終戦後、東西冷戦の時代になると満州は西側(国民党)と東側(共産党)の争奪戦の舞台になる。日本の莫大な資金投入により近代化した満州はどちらの目から見てもノドから手が出るほど欲しかったのだ(同じことは朝鮮半島にも言える)。
結局、ソ連の後ろ盾を得た共産党が勝利し、満州どころか中国そのものの赤化となった。その結果が今の言論の自由も食品の安全も無く、チベットやウイグルで虐殺しまくり、尖閣諸島や沖縄をも虎視眈々と狙う中華人民共和国である。いかに満州国の存在が大切なものであったかがわかる。
0

2013/8/16 | 投稿者: 鹿苑院





全日本が二度目の分裂をしたからだろうか、この頃のことが思い出されてならない。この動画を何度も繰り返しみている。スーツ姿の渕の堂々とした礼儀正しくも不敵な挨拶、川田の言葉少なだがかえってそれが力強さを感じさせるアピール、どちらもかっこいい。
0

2013/8/15 | 投稿者: 鹿苑院

終戦記念日の今日、知ったことがある。プラモデルで有名なタミヤ模型のシリーズには米軍のB29は無いのだそうだ。創業者の意思により、日本爆撃の主力であった機体だけは模型にしたくないのだという。日本人として当然の心意気であり、ぜひこれを貫いてほしいと思う。

まあそんなことを言いながら今のオレはソ連軍の戦車のプラモを作ってみたいとちょっと思っているのだが…。
0




AutoPage最新お知らせ