2013/8/30 | 投稿者: 鹿苑院

アベノミクスに対する国民の態度を見ると、ずいぶん自分勝手だなあと思う。ちょっと前まで異常な円高だ、デフレスパイラルだ、なんとかしなきゃ!と騒いでいたのに、アベノミクスで円安化してくると今度は商品が値上がりした、安倍は庶民の苦しみがわかってないと言い出す。おまえら、円高をどうにかしてほしかったんとちゃうんかい。
しかも投票率が低いことから考えると、選挙に行ってないのに文句言ってるやつが一定数以上はいる計算になる。これでよく安倍さんが我慢しているものだ。オレが総理大臣だったら国民に「うるせえバカヤロー黙ってろ」と言い放って舌禍事件になるかもしれない(笑)。
こんなに国民が無責任で身勝手なのに、国民主権・民主主義というのはそれでいいのだろうか。ちょっと見直す時が来ているのではないか。

エジプトなどはムバラク政権が倒れた後の動乱でついにこのていたらく。
日本ではあまり知られていないが、ミャンマーのアウンサン・スー・チーさんも現地ではさほど支持率は高くない。スー・チーさんは民主化活動家だから良い人、それに敵対しているのは軍事政権だから横暴で悪いやつら…と単に言葉のイメージから日本人が決め付けているにすぎない。

学校教育でもテレビでも新聞でも、考えるまでもなく民主主義は絶対善に決まっているかのように言う。民主主義が必ずしも良いとは限らないなどと発言しようもんなら危険思想の持ち主だと思われるだろう。「民主主義は神聖にして侵すべからず」とでも言うべき状態になっているのだが、でもそれって戦前の「天皇は神聖にして侵すべからず」と称して天皇制批判が許されなかった時代と何が違うの?

いや、なにもオレは民主主義をやめようとは言わない。このブログで好き勝手なことを書けるのも民主主義の恩恵だとわかっている。ただ、水戸黄門の印籠のように無条件でひれ伏さなきゃいけない物でもないから自分の頭で本当に良いのか悪いのかを考えてみようという提案をしたいだけのこと。
0

2013/8/29 | 投稿者: 鹿苑院

アメリカにブーメランが突き刺さった。日本の記者もこれくらい言ってやればいいのに。まあ腐敗した日本のマスコミには無理だろうが…。

最近知ったことだが、アメリカの一般人は核兵器についてよく知らず、原爆に関しても普通よりちょっと強い爆弾という程度の認識しか無いらしい。土木工事に原爆使おうと言い出す奴までいるくらいで、ダイナマイトくらいのイメージしか無いのだ。だから広島に旅行に来て原爆資料館になど行こうものなら衝撃を受ける。入館前には笑顔で記念写真を撮ったりしているアメリカ人が、出る時には暗い顔をしているというのが一種のパターンになっているという。原爆を作り、落とした人たちもまさかああまで甚大な被害が出るとは思っておらず、自分が地獄行き確定だと頭を抱える者もいたらしい。
0

2013/8/29 | 投稿者: 鹿苑院

いつもふざけている足利二代将軍・義詮ちゃんが時々真面目に語るのが結構勉強になる。武士の官位の話とか興味深かった。
0

2013/8/28 | 投稿者: 鹿苑院

0

2013/8/27 | 投稿者: 鹿苑院

以前書いた記事に関して質問を頂いた。自分の専門分野の衛生学に近い話題なので真面目に答えようと思うが、汚い話にもなるので嫌な人や食事が近い人はスルー推奨。

トイレットペーパー越しでもウンコは指に付いてるという研究があるが、その質問者の意見はこうである。「紙の厚さは細菌の大きさよりもずっと大きいので、尻を拭くくらいの時間では細菌が動くスピードでは指に到達し得ないのではないか」

私はこの意見に2つの欠陥があることを指摘したい。
1.紙繊維の隙間の存在を忘れていること
2.細菌の能動的な動きしか考慮しておらず、受動的な移動を無視していること


まず1に関していえば、もしこの質問者の理論を正しくしようと思えば紙というものがゴム膜のように隙間の無い構造物であると仮定する必要がある。現実には紙は繊維構造が不規則に絡まりあった構造をしており、無数に隙間があるので、細菌の立場から見れば紙の厚みなどと格闘する必要はなく、自分の体よりはるかに大きい隙間を潜り抜けていけばいい。
和紙の厚みは精子やHIVより大きいが、紙製のコンドームなど避妊にも性病予防にも使えないのでどこのメーカーも作っておらず、もっぱらゴムかシリコン製なのもこの理由である。

2は簡単な話だ。自分の指の方から隙間だらけの紙を持って肛門を拭きに行くので、仮に細菌が静止していたとしても指の方からウンコを触りにいっている。だから細菌の動くスピードは関係無い。


水槽に泥水を溜めて、そこにざるを浸してみてほしい。泥水はすぐにざるの中に侵入してくるが、それはざるに無数の穴が開いているからだ。この場合、ざるの方から泥水に浸りに行っているので、泥水が勢いよく流れているか、それとも沼のように動かず静止しているかで結果が変わることは無い。なお水槽は尻、泥水はウンコ、ざるは紙の実験モデルである。

これで納得頂けただろうか?
0

2013/8/26 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します


愛知県の仏壇店の新商品。センスは良いと思うけどウルトラマンを叩くのは抵抗あるなあ…
0

2013/8/26 | 投稿者: 鹿苑院

ジュニアヘビー級の体重基準は団体によって違う。新日本プロレスでは100sだが全日本プロレスでは105kgである。VOODOO-MURDERSが全日マットで猛威を振るっていた頃、近藤修司がギリギリと言われていた。

ユセフ・トルコがかつて猪木をボロクソに非難した本を出したことがあるが、その中に「あいつの体格じゃジュニアヘビーだ」というのがあった。猪木の体重は102sであり、なるほど全日の基準ならジュニアヘビーになる。もっとも全日がその基準を105sという半端な数字にわざわざしたのは、102sの猪木を意識して「あいつはうちならジュニアヘビー」という馬場なりの皮肉だったのかもしれない。

ジュニアヘビー級といえばタイガーマスクがすぐに浮かぶが、初代の佐山は大の甘党であるため最初の引退後に体重が激増し、実はいまだにヘビー級の体重のままである。二代目の三沢は途中でヘビー級に転向した。
0

2013/8/25 | 投稿者: 鹿苑院

もし本当にゴジラが現れたら、現代の兵器で倒せるかな?


自衛隊といえば、子供の頃のイメージではとにかく怪獣に瞬殺される弱っちい存在だったのだが、東日本大震災で株が上がった感がある。某仙石さんみたいに国会議員が「自衛隊は暴力装置」なんて今発言したらボロクソに叩かれることは火を見るより明らか。

閑話休題。
日本の怪獣映画は怪獣をとにかく強く、人間の力が及ばない怪物として描くが、アメリカの怪獣映画はそうでもない。ハリウッド版ゴジラは普通の生物よろしくミサイルで死んだし、キングコングはエンパイアステートビルから落ちて死んだ(怪獣でさえ落ちたら死ぬくらいの高いビルを造ったアメリカすげー、USAナンバーワン!って図式か)。
このあたり、大自然は神であった日本と、大自然は人力によって征服されるべきものだった欧米との文化の違いが見えて面白い。
0

2013/8/23 | 投稿者: 鹿苑院

昨日のアクセス数が73件なので驚いた。いつもの3〜4倍ではないか(レベル低い話でスミマセン…)

時々このくらいになることがある。変わったことはしていないのだがどういうことだろう? いくら永久欠番・放送禁止でレアだからといってスペル星人にみんなが喰いついてきたとも考えにくい。

思うに、teacupの会社がブロガーのやる気を引き出すために時々数字を水増ししているんじゃなかろうか。さすがに邪推しすぎか?
0

2013/8/23 | 投稿者: 鹿苑院

ダウンタウンDXで語られた清原のムチャクチャなエピソードが面白かった。西武時代は爽やかな好青年というイメージだったのに巨人に移籍したあたりから893みたいになったのは残念といえば残念だけど、スポーツ界にはこういう人間離れした豪傑がいてほしい。近寄りたくはないけど。

三国志だって、関羽や張飛や呂布など人間離れした豪傑がいるから面白い。これが麋竺とか麋芳とかくらいのレベルのやつばっかりが小競り合いを繰り返してる話だったらあそこまで人気出ないぜ絶対。

そこ行くと、今のプロレス界にも清原みたいな規格外の豪傑が欲しい。昔、上田馬之助がクーラーボックスにウイスキーを入れてがぶ飲みした話があるが、今のレスラーでこういうことをする人はいない。そんな人間離れした怪物がリング狭しと暴れ回る姿を見たい──。
0




AutoPage最新お知らせ