2013/4/8 | 投稿者: 鹿苑院

昨日のサザエさんで、ベーゴマ作りの職人が失敗作を「そりゃおしゃかだ。売り物にならねえ」と言っていた。ダメになることをなぜおしゃかと言うのだろうか。

どうもこれは鍛冶職人が火力を強くし過ぎて失敗した時に由来するらしい。江戸っ子はは行の発音が苦手なので「火が強かった」が「しが強かった」になってしまい、「しがつよかった」→「4月8日だ」で、この日が誕生日の釈迦如来に掛けたのだという。

というわけで今日は釈尊の降誕会、花祭りです。
0




AutoPage最新お知らせ